アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベロだしちょんま

みなさん、「ベロだしちょんま」を御存じでしょうか?


ベロ出しチョンマ (新・名作の愛蔵版)ベロ出しチョンマ (新・名作の愛蔵版)
(2000/11)
斎藤 隆介

商品詳細を見る



前回ご紹介させていただいたことがあるんですけどね


こちら→


あらすじを言っちゃうと、


村人を飢えから救うため長松(12歳)とウメちゃん(3歳)の兄妹のお父さんが将軍に直訴に行くんですね。直訴するということは当時は願いがかなえられたとしても一家全員死刑なのです。
で、磔にされて怖がっている妹のウメちゃんのために長松は磔にされていながら、おもしろい顔をして妹を笑わせようとするというなんともやり切れないお話なのです。


訴えること自体が死刑なんですよね。なので訴えるってことはこの当時から言うとまさに命がけで、みんなのために願いをかなえると必ず死が待ってるんですね。なんか割り切れない。


と。。。このお話でね、長松人形があると聞いてたのです。長松親子のおかげで救われた人たちが長松を玩具の人形にしてお祭りに飾ったっていうことでした。それが民芸品になっているって聞いたのです。


それがこれだ!!

DSC00237.jpg


こわ!!こわ!!顔赤いし。怖いよー。でね、このヒモを引っ張ると
(ちなみに猿はあまりに長松人形が怖かったので和むため置いたけど、これはこれで怖いwww)


DSC00239.jpg

きょえーーーー

白眼~!!!


怖いね、怖いね。。。

ちなみにこれは九州のおじさんちにあったんですよ。おじさんは博物館の学芸員をしてました。民芸品コレクションをしてたんです。民芸品ってちょこっと怖いよね。



スポンサーサイト
  1. 2013/08/20(火) 16:19:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:14

コメント

なんだか せつないお話しですね。

お人形さん、怖いんだか、面白いのかそのお話しをきくと、怖がっても、笑ってもいけないような気持ちになりました。

民芸品にはそんないい伝えなどの 悲話が隠されているんですね。
勉強になりましたヨ。
  1. 2013/08/20(火) 19:41:02 |
  2. URL |
  3. おこちゃんちゃん #-
  4. [ 編集]

ベロだしちょんま!知ってます知ってます。
ちょっと忘れていましたが 自分たちが子供に読んだこのような童話も
やはり伝えていきたいと思いました。

このような人形は学芸員さんじゃないと大切に扱われません。
だって怖いもん!
でも これからも大切にして欲しいです。
本音で私的には猿の方が怖いかもです(苦笑)
  1. 2013/08/20(火) 21:32:03 |
  2. URL |
  3. nanami☆ #-
  4. [ 編集]

この絵本の話はほんとう悲しいですよね。
思い出してしんみり…

していたのにぎょえー(;゜Д゜)!
この人形怖い!!
そして白目になった写真は申し訳ありません。すごすぎて怖さを通り越して大笑いしてしまいました。
すごいですね。昔の民芸品の感性って。たまりません。
  1. 2013/08/20(火) 21:38:44 |
  2. URL |
  3. さいごう #-
  4. [ 編集]

こんばんは♪

とっても悲しくて、とっても切ないお話ですよね。


民芸品ってちょっと怖いイメージだけど、これはちょっと…。
白目むいちゃだめでしょ(笑

怖い顔はだめです、思わず笑みがこぼれるような顔の方が良いですね。
お兄ちゃんの優しさが判るような。
難しいですね(^^ゞ
  1. 2013/08/20(火) 21:47:34 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

ちょっと前の映画で
「ライフ・イズ・ビューティフル」って映画があったんですが
父親が死刑になるんですが
それでもいつも子供を笑わせようと
面白い顔したり、ふざけるんですよ
とても辛い映画でした
僕こういう話ダメ、、、、
涙腺弱くて、あらすじだけでも泣けます /(^o^)\
  1. 2013/08/21(水) 13:06:20 |
  2. URL |
  3. 加夢 #-
  4. [ 編集]

怖いよ~
当たり前だけど民芸品って今みたいにアニメちっくに作られて
ないしリアルですよね。
子供の玩具とは別物ですよね、だってこれじゃ泣きますよねー
あらすじを聞くと怖い白眼の顔が何だか悲しくみえてくる・・・。
誰かの為に命をさし出すってどんな人ができるんだろうと思いますね。

  1. 2013/08/21(水) 14:27:06 |
  2. URL |
  3. めぐのりあ #-
  4. [ 編集]

また、泣けましたよ。

この一家は勇敢ですよね。飢餓で死ぬか、直訴して死刑で死ぬか、どっちにせよ死を覚悟したんでしょうか。
この人形、切ないですね....
でも、やっぱ怖い.....

  1. 2013/08/21(水) 15:13:27 |
  2. URL |
  3. かえるママ21 #-
  4. [ 編集]

おこちゃんちゃん さんへ

あははは、言われて初めて気がつきましたよ。
そうですねそうですね。こんな話を書いた後に、このリアクションは
ないよねーw
笑っていいのかどうかわかんないですよね。
うんうんw
不謹慎ですよね。おこちゃんちゃんさんのコメントで笑っちゃいました
  1. 2013/08/21(水) 18:46:43 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

nanami☆ さんへ

nanami☆ さんもお子さんに読んであげたんですね。
悲しいお話ですよね。
人権が守られていないということがどんなに理不尽かがわかりますね。
先代の人たちが勝ち取ってきた人権を大切にしないとって思っちゃいますね。

ね、ね、猿もこわいでしょー。
全身のなんか点々はなんでしょうね。きっとこれもイワレがあるんでしょうね。
猿の顔もこわかったですよw
よく小さいころガラスケースに民芸品がいっぱい飾ってるお家ありましたよね。
あれ恐かったですよねー
  1. 2013/08/21(水) 18:50:09 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

さいごう さんへ

あはは、ね、ね、恐いでしょー。
恐さ通り越して面白いですよね。そうそうたしかに面白いんですよね
いやなんというか単純に面白いんぢゃなくて
なんでここまで恐くしたの?っていう感じで
面白いですよね。
ねー、民芸品って恐いですよね。なんかイワクが必ずあるんですもんね。
  1. 2013/08/21(水) 18:52:03 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

りん さんへ

ねーね、白目ってないですよねwww
真っ赤な顔っていうのもないわーw
なんか火にあぶられてるから(磔でね)赤いらしいんだけど
これはないですよねw
でもネットで探すとかわいいのもあるんですよ。
でも後世に作られたものみたいなんです。
当時のセンスってこうだったんでしょうね。これで当時の子供たち
きゃっきゃ笑えたのかな?w
  1. 2013/08/21(水) 18:54:48 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

加夢 さんへ

そうそう、あの話と似てますよね。
イタリア映画ですよね。私は見てないんです
私ね、ナチスものがどうも駄目なんです。
だってあまりにもやりきれない気持ちになるんだもん。
でもこのお話も似てますね。
私も涙腺が最近弱くて弱くて・・・
  1. 2013/08/21(水) 18:57:35 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

めぐのりあ さんへ

そうですよねー。民芸品って恐いですよね。
ね。今みたいなゆるキャラみたいに作ってくれてないんですもんね。
あはは、うんうん、おもちゃぢゃないですよね。
これでキャッキャ笑う子供いないよねw
ね、白目剥くのも切ないですよね。
こわっ!!とか言っちゃいけないぽいですね(笑)
  1. 2013/08/21(水) 18:59:27 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

かえるママ21 さんへ

これ泣けちゃいますよね。
そうですよね。飢饉で村中の人が死んでしまうことより自分の死をかけて
みんなを助けたんですね。
これね、本には直訴の直前に奥さんに離婚を言い渡すんですよ。
離婚したら子供も奥さんも助かるでしょ。
でも奥さんが「一緒にいきます」って離婚を受け入れなかったんです
私だったら子供は離婚して子供は守るかもなぁーって思いましたよ
でもそういう時代だったんでしょうね。
  1. 2013/08/21(水) 19:13:32 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/926-49da6c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。