アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阪神・淡路大震災

もう15年も前のことになるんですね。
旦那とサリンと神戸の震災どっちが先だっけという話になり、調べてみると
同じ年でした。震災が1月、サリン事件が3月。この年は大変な年だったんですね。


私も神戸に友達がいて、しかも被害がひどかった東灘区で電話してもしても
つながらず、彼女の会社に電話してもつながりませんでした。


後で彼女に聞いた話では、寝ていたら急にタンスが身体の上に落ちてきたそうで。
たまたま両手が開いていたので(とてもラッキーらしいです)どうにか
こうにかタンスを押しやり、何があったのかわからず電気もつかず、TVも
見れなくて、しかもマンションのドアは開かなかったらしいです。

仕方ないので部屋の片付けをしながら「今日はお休みだよね」と思いつつ
割れた食器などを片付けていた時電話がかかってきて(電話は全部パンクしてたなか
ものすごくこれもラッキーだったようです)大阪に住む弟さんで

「姉ちゃん、早くそこから逃げろ」と言われます。
事情の飲み込めない彼女はやっと窓から外に出てみようと思い、窓から這い出してみます。


彼女はそのときの光景を忘れないと言っていました。
電柱は倒れ、粉々になった破片がちらばり、子供は泣いてたし、道路は
めちゃくちゃで、よく見るTVの戦場のようだったと。


その後もね、彼女は後遺症というか、夜眠れず、電気をつけたままで寝る毎日だったらしいです。後で聞くと会社は1階がつぶれ、2階が1階の位置まで落ちていたそうです。
つぶれた会社で徹夜作業をしていた彼女の同僚は幸い怪我はたいしたこともなかったようですが、その後何にも意欲がわかず気持ちを立て直せずにいたようです。
きっと1階が崩れ落ちるほどの建物の中にいるという経験をしたら、
なかなかそのショックから立ち直れないでしょうね。

彼女も昨日まで一生懸命にやっていた仕事が1夜にして粉々になったという無力感に襲われたそうです。震災は身体や財産など見えるものも奪っていったけど、見えないものにもしっかり傷を残していったんですね。

彼女は「結婚なんて一生しないでいい」なんて学生時代から言ってましたが、震災の直後に結婚しました。なんかね、一人でいたくないと本気で思ったと言ってました。今では可愛い子供たちと一緒に楽しくくらしています。

いつどこに来てもおかしくない地震。備えるだけのことを備えても、どうしようもないこともありますね。でもどんな時も強く生きていけるのが人間なんだなって。彼女の話を聞きながらそう思いました。



c_01.gif

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
  1. 2010/01/19(火) 19:51:55|
  2. ちょっと考えごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

もう15年ですか。本当に月日が経つのは早いですね。

あの地震で、命を落とされた人、ケガ等で肉体的に後遺症が残ってしまった人、また私財を無くされた人等々、色々な人がいるんですよね。

病気もそうですが、地震も色々な爪痕を残していくので、本当に避けられるならば避けたい存在ですね。
  1. 2010/01/19(火) 22:28:23 |
  2. URL |
  3. TK #NeBVXcVU
  4. [ 編集]

TKさんへ

そうですよね。ほんと病気もそうだけど、災害も防ぎようのないときってありますよね。どちらも突然にやってくるんですもんね。
ほんとどちらも避けられるならどんなことでもしたいですよね。
15年前と違うのは自分の子供ができて、守るものができちゃったところでしょうね。守るものがあると人間って強くもなるし、弱くもなりますよね。ほんと災害とかには臆病になります。

15年早かったですよね。このままだと一生もあっという間かもって最近思っちゃいますよ(涙)
  1. 2010/01/20(水) 12:33:31 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

はじめまして。sattoと申します。

いつも、”楽しく・興味深く”読ませて頂いてました。
あれから15年も経つのですね・・・

あの時の恐怖はTVからも伝わってきました。

なかなか、心や体に受けた傷は癒える事は難しいと思います。
でも、そんな経験をされた方だからこそ、
頑張って立上り、今を大切に生きていらっしゃるのですね。

人々の幸せな日常を一瞬にして奪ってしまう
災害は本当に怖いです。
いつ何が起きるかわからない世の中。

私も、今生きている事に感謝して
大切に過ごそうと思いました。
  1. 2010/01/20(水) 13:09:22 |
  2. URL |
  3. satto #PrN9kics
  4. [ 編集]

こんにちは

15年前の衝撃は今でも覚えています。
北海道や中越、東北でも大きな地震がありましたね。

それらが教訓になって、我が家では水と食料と応急セットを備蓄しています。

応援凸!
  1. 2010/01/20(水) 13:34:06 |
  2. URL |
  3. とにー(Tony) #ubzoyxTU
  4. [ 編集]

sattoさんへ

あ、sattoさん、私は毎日sattoさんちに遊びに行ってます。
写真が上手ですね。ものすごくいろんなものがおいしそうで
ほんと楽しみにしてるんですよ。

そうですね、あれから15年もたったなんてほんとに
時は早いですよね。
TVで見ても全部がれきになってて、戦場って言うのがわかるな
って感じでしたよね。災害は急にやってきて広範囲に被害を
及ぼしますよね。心の傷が残ってしまうのも仕方ないでしょうね。

そうですね。毎日生きていることに感謝ですね。
sattoさんも私も子供たちがいて、守らないといけないものが
あるって怖いですね。考えつく備えはしておかないといけませんね。
うんうん、今を大切に生きなくちゃですね。


また遊びに行きますね。
  1. 2010/01/20(水) 20:51:07 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

とにーさんへ

ほんと衝撃でしたよね。TVで見る映像が映画みたいでした。
火の手があちこちからあがってて、全部ぐっしょりがれきになってて
ほんとに神戸?って思いましたもん。
そうですね。中越でも仙台でも北海道でもいろんなところで
大きな地震で、まだ復興しきれていないところが
たくさんありますよね。

ほんとそういうところから学んで備えて行かなくちゃいけないですよね。
うちもちゃんと備蓄しないとです
  1. 2010/01/20(水) 20:52:16 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/92-0796f0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。