アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長崎の原爆の日

書かなくちゃいけませんね。毎年書くって決めたんだもん。


いろんな原爆の体験をされている人のブログを読んだのです。

そしたらすごいことを発見。

原爆が落とされて2時間ぐらい後からすでに救護作業が始まっているのです。

対策本部が作られ、医療団がやってきているのです。

戦争中の混乱の中でさえ、日本人は危機に備えて機敏に動けるようにシステム化されていたのです。


地震の時もそうでしたよね。危機対策の考えは日本人の中にずっと以前からあったんですね。輸入されたシステムではなく日本人が作ったシステムなんだねって改めて思いました。

日本人は組織を重んじる国民だといいます。それが今までは評価されなかった。休み返上で働いていたり、楽しみのない国民性だと思われてましたよね。でも今回やっぱりこの組織を重く見る国民性があったらからこそ、配給に文句言わずに並び、略奪も(あんまり)なく、輪番停電に文句も言わず、苦しい時はお互い様で我慢して秩序を守り続ける姿に世界中が驚いてくれましたよね。


この日本人の国民性はすでに戦争中からあったんだなって思うと、ずっとそれを絶やさず受け継いで来てくれた人達に感謝したい気持ちですね。そして私たちも受け継いで後世に残して行かなくちゃですよね。


ところでせっかくなので、言っちゃいますけど。。。







○電さんのTV会議のビデオが公開されましたよね。このタイミングで公開するのはやっぱり第2の原子力での大きな事故だからってことだからかしらね。慰霊の意味もあるのでしょうか。だとしたら全部公開しなよ。都合悪いところけずってんぢゃないわよ。

現場の人たちの緊迫した状態と比べて本社ののんびりした感じを見ると「リアル踊る捜査線」って思っちゃいますね。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/09(木) 16:31:17|
  2. 今日のことがら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

まあ~そんなに早くに救護団ができたんですか(驚)
日本人気質を築いてくれた先人たちが誇らしいです。
なのに・・・・・
本社の態度の危機管理というより
日本人気質はどこにいちゃったんでしょう?

原爆の記事 こちらにきて はっ!としました。
来年もお願いしますね(ぺこり)
  1. 2012/08/09(木) 20:05:19 |
  2. URL |
  3. nanami☆ #-
  4. [ 編集]

こんばんは♪

2時間で救護団?
それは凄いですね!
日本人気質なんですね。
だって、何処の国よりも秩序ありましたもんね。
もっと誇って良いですよね。
それに比べて…おおバカもんですね(-"-)
  1. 2012/08/09(木) 23:04:43 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

nanami☆ さんへ

そうですよね。危機管理とか西洋の文化ではないんですね。
日本では自警の消防団とか江戸時代からあったんですもんね。
危機に対してすぐに動けるシステムがちゃんと昔からあったんですよね。
すごく誇らしいですよね。
今回の地震はもしかして東北の人たちがすばらしいのかなって思ったんです。
日本のどこでも同じことができるかしらって。
ほんとに東北の方々には頭が下がりましたよね。
でも広島でもすぐに救護団が来て、避難所ができたようですね。
もともと広島は軍の施設が多かったってことで兵隊さんたちも多かったらしいのです。
その兵隊さんたちも救助活動にすぐ移ったようで、ほんとに
危機に関して日本は強いのかもですよね。

原爆の記事、私も今年はオリンピックでつい忘れそうになりました。
忘れちゃいけませんね。来年も書きますよー
  1. 2012/08/10(金) 16:12:15 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

りん さんへ

うんうん、江戸時代から消防団がありましたもんね。
危機管理の意識が昔から日本人は高いんでしょうね。
まぁ、それだけ災害の多い国だったのかもしれないですね。
自然災害も込みでね。

ほんとよほんとよ。なんかあの感じで手遅れにさせたのかと
思うとほんと悲しいですよね。どれだけ日本中に被害を
まき散らしたと思ってるの?って責任感じてほしいですよね
  1. 2012/08/10(金) 16:19:43 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/707-72643f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。