アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

踏切その2

踏切のお話を前回書きました。
ついでにもう一つ。踏切にまつわるお話第二弾ですw


ある日また私たち馬鹿親子がぶらぶら散歩しているときのお話。


踏み切りの信号がカンカンと言ってる最中に自転車でつっこんできた3人組みの少年(12~13才かな)。

一人は踏み切りを渡りきった。

一人は踏み切りの手前で残されてしまった。

もう一人は踏み切りの中に残されてしまっていた。

渡りきった少年は、少し遠いところで待っている。

踏み切りの中の少年は自転車を降りずに遮断機と線路の間の狭いところにいた。

手前の少年が「危ないよ、自転車降りて遮断機上げていけよ」といったけど、踏み切りの中の少年はちょっと鼻で笑って

「大丈夫だよ、ここで待つよ」という。危ないよ。

手前の少年が必死になって「おい!!駄目だよ、危ないって!!向こう行けよ!ほら、いけるぢゃん」と大声で説得している。


踏み切りの中の少年はニヤニヤと笑っているだけだ。電車は近づいてくる。カンカンという音。赤い点滅する警報。「おーい!やめろよ!行けったら行けよ!やめろーー!」最後の「あーーっ」という悲鳴は電車にかき消されていた。


電車が通りすぎると踏み切りの中の少年は自慢げな顔をして「ほらね」って感じで同じ姿勢で笑っている。


手前の少年は少し怒って自転車に乗った。彼らはお尻を高く上げて自転車をめいっぱいこいで行ってしまった。危ないんだけど、なぜだか初夏の風が爽やかだった。まったく男の子ときたら。









ラジオでよくかかってる歌ってる人も曲の題も知らない歌。この記事に貼りたくてすっげーさがしたw。歌詞も英語だからわかんないんだもん。サビのシューティーンスターで探したよwこの疾走感がいいでしょ。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/27(水) 17:01:42|
  2. がらくた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

いい曲ですね。
すごく気に入りましたが、歌詞が知りたい^^
さがしてみよう・・・
  1. 2012/06/27(水) 20:50:19 |
  2. URL |
  3. サ・エ・ラ #DDJALrL2
  4. [ 編集]

サ・エ・ラ さんへ

ね。ね。いい曲でしょ。
Owl Cityって言う人らしいです。でも洋楽を検索するのって難しいなって
思っちゃった。日本語だったらまだ歌詞でどうにか探せるけど、全然英語聞き取れないしw
でもサビが「shooting star」みたいだから、それで検索したらものすごい量なんですよ(笑)
もう途中で何度も諦めかけましたよw

この動画もいいですよね。ワンちゃんにカメラつけてるんですよね。
みんなに可愛がられたりして、水に入っちゃったりして、なんかいい動画ですよね
  1. 2012/06/28(木) 14:50:46 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

読みながらこちらの話もドキドキしてしまいました。

毒な感想書いてもいいですか?
削除してもらってかまいませんので…
「無謀な事して死ぬのは勝手やけど
どれだけ多くの人に迷惑かけるか考えろ!」と言いたくなりますね。
  1. 2012/06/28(木) 19:36:55 |
  2. URL |
  3. じょびんぬ #-
  4. [ 編集]

じょびんぬ さんへ

ねー、危ないですよねー。男の子ってよく無謀なことしますよね。
それが勲章みたいな感じで、まったくなんつーか単純ですよね。
そこがいいところだし、駄目なところですよ。
いえいえ、毒でもなんでもないですよ。当たり前のことです。
これってよく電車がとまらなかったなーって思いましたよ。
運転手がみつけてたら止まってたかもですもんね。もし電車が踏切で急停車とか
したら乗車してる人にけが人が出たかもしれないし
多分止まった分の損害は親が払うんでしょうね。
すごくよく事故がある踏みきりなのでほんとに怖いですよ
  1. 2012/06/30(土) 18:31:22 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/676-a7054e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。