アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソフトSF

SMぢゃないよ。

今年は金環日食とか金星ちゃんの小さな日食とかあり宇宙祭りですよね。

というわけでSF小説特集です。ほら、SFってさ、男子のものぢゃないですか?ごつごつのやつはね。
でもおんなこどもでも楽しめるSFもありますよってことで、私の好きなSFです。

ちなみあまり得意分野ではないのです。SF映画は大好きなのですが、本のほうはSFスピリッツが強くでるとちょっとひいちゃうんですよ。

ではでは粒子や量子やなんとか流体とかでてこないスピリッツの甘い私の好きなSFを紹介します。

ゴードウェナー・スミス 

鼠と竜のゲーム―人類補完機構 (ハヤカワ文庫 SF 471)鼠と竜のゲーム―人類補完機構 (ハヤカワ文庫 SF 471)
(1982/04)
コードウェイナー・スミス

商品詳細を見る


これってエヴァンゲリオンの人類補完計画のワードが入っている作品なんですよ。多分この小説をヒントにしてるんだと思うなー。

あまりにぶっ飛んでいて、最初はなんども読み直さなくてはなりませんでした。いきなり出てくるスキャナーやピンストライカーなる存在。補完機構なる機関。どれも始めてなのに、まるで当たり前のように書いている。なんの説明も注釈もなし。世界にはいるまでにちょっと時間がかかりました。

でもねその世界を理解するとそこにはめくるめくような、美しい空間があるんですよ。あまりに美しい世界。あまりに独創的で芸術ともいえるその世界観に、うっとりしますよ。
まさに「浄化」にふさわしい。しかも床をどんどん叩きたくなるぐらいかわいいんですよ。ほんとに。是非女性にオススメ。


フィリップ・K・ディック

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03/01)
フィリップ・K・ディック

商品詳細を見る


映画「ブレードランナー」の原作ですね。でもね、映画も見ましたけど、映画より本のほうがわかりやすいです。映画のほうがSFスピリッツがきいてます。
本はわたしのようなSF初心者でも楽しく読めました。

地球は度重なる戦争で住めなくなって火星に住むんだけど、その時のお土産にアンドロイドをもらえるんです。そのアンドロイドたちが反乱をおこすっていうもの。ものすごく乱暴に書いたらこういう話しですw
でも精巧につくられてるから人間とアンドロイドの区別がなかなかつかないんですよね。
フィリップ・K・ディックのいいところは、話しが絶望的で救いがないところですね。
ラストはいつも客観的にみれば全然ハッピーエンドではないのに、主人公の中では解決されてハッピーエンドになっている。このラストがどうしようもなく悲しいです。この破綻したディックの世界が魅力なんですね。

ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


これって有名ですよね。でもね、やっぱ有名なだけ感動するんですよw
なんか月で見つかった赤い宇宙服を着た死体からいろんな仮説をたて、壮大な人間誕生のなぞに迫るという、あれ?ドキュメンタリーぢゃないの?ってぐらいの勢いでリアルで
すばらしいのですよ。いや、どう書いてもこの作品の面白さは伝わらないような気がする。ぜひお勧め。


萩尾望都

マージナル (1) (小学館文庫)マージナル (1) (小学館文庫)
(1999/07)
萩尾 望都

商品詳細を見る


古い?でも名作だと思うなー。駄目になった地球に遺伝子レベルでカツを入れるって話し(?)なんですよw。萩尾さん天才だと思う。



まぁあまり得意ではないだけ王道ですね。やっぱなんだかんだ王道が面白いのよ。
スピリッツの甘いおんなこどもにもわかる面白いSFあったら教えてください

次回はソフトホラーでいきましょう。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/16(土) 18:07:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

コメント

おはようございます。

私もあまりSFは読まないのです。
だからどれも読んだことはないのですが、タイトルは聞いたことがあります。
映画の「ブレードランナー」は面白かったですね。

そんな私がどっぷりはまったのは、フランク・ハバートの「デューン砂の惑星」です。
カイル・マクラクランが主演で、デービッド・リンチ監督が映画化しましたね。
映画が訳わからん状態だったので、本を買って読んでやっと理解しました。
ホント、面白かったのだけど、おすすめするには二の足踏みます。
「砂の惑星」の住人になる勢いで物語に浸らないと読み切れないからね・・・

いや~。
たまにSFもいいですよね。

  1. 2012/06/17(日) 08:09:41 |
  2. URL |
  3. あまおう #CtpClNCg
  4. [ 編集]

完全に
「エスエム」だと思って
ドキドキしてしまった(;・∀・)

「エスエフ」ね。
「ソフトエスエフ」って言葉、
初めてききましたが、なるほどですね☆
  1. 2012/06/17(日) 19:42:38 |
  2. URL |
  3. なおき #-
  4. [ 編集]

あまおうさんへ

あまりよまないですよね。でもすごくたまーにはいいですよね。
特の初夏ってSFっていい気がします。
ブレードランナーって映画はすごくいいですよね。ほんとに大好き。
ハリソン・フォードもいいし、ルドガー・ハウアーが人間っぽくないんですよねw
すごく大好きな映画です。あの重たい映像もすごく素敵ですよね。

あ、リンチの「砂の惑星」は見ましたよw
リンチだから許したけどw、他の人の作品だったら怒りだすぐらい
わけがわかんなかったですよね。いや、リンチはもともとわけがわかんないからこうかって
思っちゃったけどw。
原作はわかりやすい・・・わけではないんですねwww
長いのかな?

そうですよ。たまにはSFっていいですよね
  1. 2012/06/18(月) 18:30:46 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

なおき さんへ

うふふふ、そうそう、タイトルでSMと間違って来てくれる人いないかなーって
思ってつけましたよwww
来てくれたあとがっかりさせちゃうんですけどねw
  1. 2012/06/18(月) 18:32:20 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/666-a9204b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。