アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新宿の婦人科

前の会社は新宿の奥、新宿2丁目にありました。新宿といっても広いのですが
かなりディープなほうの新宿ですね。


で、ちょっと婦人科系の調子が悪くて、会社の近所の婦人科に通っていたのです。小さくて古くて旧式の婦人科でした。
その婦人科はおばさん看護婦さんとおばさん受付さんがいて声がでかくて勢いがいいの。


患者さんのほとんどは、いわゆる風俗店の女性でした。どうも想像するに定期的に健診するようになっているようで、お店から診察代がでるようでした。


でね。外国の方も多かったのです。日本語がおぼつかない方もそれはそれは多かったのですよ。で、あの勢いのある大声の受付さんが相手をするんだけど、通じないはずの日本語がなぜか通じていました。勢いって大切なのかもw


ある外国の女性が結果を受け取りに来たようで、受付さんが結果を渡すと「読めないので、読んで教えてほしい」ということを一生懸命伝えていました。受付さんはよくあることなのでしょう、すぐに
「あなたね、病気ぢゃないよ。なにも病気ないよ。」と手でばってんを作りました。


日本語がよくわからない彼女はバッテンが悪い印に見えたようで、とてもうろたえて「ドウシヨウ」とすごく不安げです。きがついた受付さんは、


「あ、ちがうちがう。ちがうよ。あなたエイズぢゃない。エイズぢゃないよ。ほら、陰性ね。ね、大丈夫大ジョブ」とオール日本語(大声)で返事をしていました。



うんうんと、うなづきながら女性は涙をゴシゴシ拭きながら出て行きました。
怖かったんだね。言葉も通じない外国の風俗店で働いて、病気になっているかもって不安でしかたないでしょうね。



そんな感じですけど、勢いのある受付さんも看護婦さんもとても愛があるんですよ。きっといろんなことを見てきたのでしょうね。


なにはともあれ、

すべての女性に幸あれ!!


スポンサーサイト
  1. 2011/07/29(金) 19:28:43|
  2. ちょっと考えごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

新宿の婦人科だと、ホルモン投与ってのも多いかもしれませんね。

なんせ、その系の人多いですから、あの辺りは
  1. 2011/07/29(金) 23:37:01 |
  2. URL |
  3. まんがいんく #-
  4. [ 編集]

なんだか、今日の記事、ちょっとウルっと来ました。
色んな事考えてしまいました。
受け付けのおばちゃんにはちょっと笑っちゃいましたが....
やっぱり、まだまだ世の中女性は弱者なんですよね。

田島陽子先生、最近見ないな。
  1. 2011/07/30(土) 08:58:42 |
  2. URL |
  3. かえるまま #-
  4. [ 編集]

まんがいんくさんへ

あ、たしかにたしかに。新宿2丁目のど真ん中ですもんね。
会社は2丁目公園の隣だったんですよ
そこでもいろんな話があるのですが、それはまた記事にしましょう。
でもね、とても優しい街だったと思います。何でもアリな感じが何でも受け入れてくれる街に見えましたね。
  1. 2011/07/30(土) 09:52:57 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

かえるままさんへ

わー、ありがとうございます。かえるままさんがそういってくれてうれしい。
受付のおばちゃんはもうちょっと繊細になったほうがいいよって
思ったんですけど、ああいう勢いのある人だからこそ勤められたのかもです。
そうですねー。ほんとに女性は弱者ですね。
田島先生のような人が出ると、女性の中にも
「私あのひときらーい」なんて言う人がでてくるでしょー。
でもそうやって世の中は回ってるんですね。仕方ないですね
  1. 2011/07/30(土) 10:35:51 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

いやあ、ちょっと感動的な話ですね
決して「いい話」ではないですが
世の中にはいまだにこういう生活をして
生業を立てている女性が多いし
「命がけ」なんですよね
こういう職業の女性をバカにしたことはないですが
「生」に対するあり方を考えさせられますね
  1. 2011/07/30(土) 17:42:58 |
  2. URL |
  3. 加夢 #-
  4. [ 編集]

加夢さんへ

にゃにゃにゃ、感動的でした?
やーん、ありがとうございます。

うんうん、そうですね。こういう商売をしている女性は
たくさんいますよね。しかも海外から言葉もわからず
連れてこられる女性はどういうシステムで日本でそういう
仕事をしているのかわかりませんけど、
どれだけ怖いか想像すると悲しくなります。
そして来月も彼女は病院に来て、陽性になっていないか
祈る気持ちで結果をまつのでしょうね。胸が詰まる思いですね。

そうですね。「生」を考えますね。命がけですよね。
偏見や差別もあるでしょうしね。生きるって難しいことですね
  1. 2011/07/30(土) 23:30:15 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

ディープな新宿・・・まるで映画のような場面が浮かんで
しまいました。
婦人科とかデリケートな感じだけど、体張って生きてる
人たちがくるんだからね。
声もでかくなるし、結構その看護師さんたちに救われたり
してる気がします。
最近ツンとすました受付嬢とか、無機質な感じの病院多いから
人間味があってそっちの感じがいいなーと思ってしまった。
  1. 2011/07/30(土) 23:52:40 |
  2. URL |
  3. めぐのりあ #-
  4. [ 編集]

めぐのりあさんへ

2丁目はかなーりディープですよw
ゲイの街で有名ですよね。でも歌舞伎町が控えてるせいか
このへんに住んでいるそちらの関係の人はとても多かったようなんです。
女子禁制の喫茶店とかも結構あったりしましたけど、反対に
女性同士のカップルもたくさん見ました。おナベの人って
いつも思うけどかっこいいです。でも残念なことに本物の男性と比べて
体格がかなり小さいんです。
ホームレスにもおねえの方がいたりね。
なんでもありな雰囲気がなんでも受け入れてくれる街でしたよ。

そうですよねー。でも検査代を出してくれるお店はいいお店なんだろうな
って思いましたよ。きっと検査もさせてくれないところもいっぱい
あったと思いますよ。身体張って生きてるんですもんね。まさに
命がけですもん。そそそ、幸せそうな若い女性では勤まらないですよね
「来月も元気で来るのよ」って、なんども力づけてるのもみましたもん。。
  1. 2011/07/31(日) 00:24:25 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/468-6fd8cc48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。