アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

団鬼六さん


団鬼六さんが亡くなりましたね。私には団さんにつながる思い出がありまして。。。


私の最初に入った会社にはとってもハンサムで素敵な憧れの先輩がいて、
私は何度かここのネタにしています。
今回は再掲ですが、ご紹介しましょう。


先輩はほんとに素敵でスマートだったんです。
ある日私がくたびれてボロ雑巾のようにトボトボと帰路についていますと、タクシーを私の傍にとめ私を食事に誘ってくれたんです。
「運転手さん、銀座ね」って。。

こういうことを私みたいな田舎者の芋虫のような女にもやってしまうんです。
どんな女にも手を抜かないいかにもプレイボーイですよね。

お誕生日には村上春樹をリボン付きでプレゼントしてくれたり、ほんとに女心をくすぐるような素敵な人なんですよ。


でもね、欠点があって。。。


ちょびっと変態なのです


その先輩が貸してくれたのが団鬼六「花と蛇」
感想を是非聞かせろというので、しっかり読んで私は感想を述べました。

「気にいったの?他のも貸すよ」と言われましたが丁重にお断りしました。


そんなこんなで出会った「花と蛇」
花と蛇〈1〉誘拐の巻 (幻冬舎アウトロー文庫)花と蛇〈1〉誘拐の巻 (幻冬舎アウトロー文庫)
(1999/04)
団 鬼六

商品詳細を見る


本屋で買う時には是非ブックカバーをつけてもらいましょう。


ちなみに私は当時の部長にもマルキ・ド・サドの「ソドムの百二十日」という鬼畜本を借りて感想を言わされました。しかもお耽美の渋澤訳ではなく、直訳のほうです。

ソドムの百二十日ソドムの百二十日
(2002/07)
マルキドサド

商品詳細を見る


いろんなことを思い出させてくれた団鬼六さん。ご冥福をお祈りいたします。





スポンサーサイト
  1. 2011/05/07(土) 18:56:26|
  2. 今日のことがら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

コメント

団鬼六さんっていえば。

こんばんは。
団さんのご冥福をお祈りします。
彼の作品でSM映画を想い出します。
主演は有名な谷ナオミさん。
私の青春時代、綺麗で抜群のスタイルとエロチズムの美人でしたね。
映画も殆ど観ていますよ。
映画館で谷ナオミさんのポスターが欲しくて映画館のおばちゃんに声をかけるのが恥ずかしく1枚も貰えず。
今だったら平気で欲しいと言うのですがね。
あの頃は私も若かった(笑い)
  1. 2011/05/07(土) 19:40:13 |
  2. URL |
  3. ごろんた #-
  4. [ 編集]

団鬼六さん・・本屋に行くとダンナがいっつもそのへんの
コーナーに行っては手にとって私にタイトルを読ませてました。
(これもある意味変態でしょうかね)
残念ながら手にとってレジに持っていく勇気がなかった為
読んだことがないのです。
その変態先輩から貸してもらった本は貴重な体験だったと
思います。
まさか感想聞いてコーフンしてたワケじゃないですよね?
面白いですね~、そんな先輩いたら楽しいだろうなぁ。
  1. 2011/05/07(土) 22:12:20 |
  2. URL |
  3. めぐのりあ #-
  4. [ 編集]

ごろんたさんへ

団さんはいろんなことがあった人生だったようですが
「花と蛇」で一躍SMを文学に仕上げた人でもありますよね。

谷ナオミさんは調べてみると今は60代ですが
熊本でスナックを経営されているようです。
写真も見ましたが、今でも綺麗な方ですよ。

映画館でポスターを買うのに躊躇してしまう気持ちはわかります。
私も本屋で団鬼六さんの小説だけはカバーをかけてもらいますw
  1. 2011/05/07(土) 22:25:35 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

めぐのりあさんへ

あははは、本のタイトル読まされるんですね。
えー、それは「ある意味変態」ではなくて
(旦那様のことで失礼ですが)「しっかり変態」ではないでしょうかw

私も団鬼六さんを買う時は別の本数冊にまぎれさせて
買います。でもこの本だけはカバーつけてもらっちゃいますw

変態先輩はほんとにかっこよかったんですけど、ほんとちょっと変態だったんですよー。でもかっこよさに騙されてみんなそれを見て見ないふりしてましたw
感想聞いて興奮してたわけではないと思いますけど
きっと「困ったな-」って顔されるのが好きだったんだと思います。
変態ですよねw
  1. 2011/05/07(土) 22:25:56 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

俺も女の子に薦めてみたいです

SM小説の大家が
お亡くなりになりましたね。
「花と蛇」
まだ、読んだことありませんが、
じっくり読みたい1冊ですね。
  1. 2011/05/07(土) 22:42:39 |
  2. URL |
  3. abe天国 #-
  4. [ 編集]

誰だ、その上司ってのは・・・

確かに読んだことはあるけど、まさか、「『家畜人ヤプー』を読めとは言わなかったでしょうね。

(すいません、マニアックで)

上司って、Fさん??
  1. 2011/05/07(土) 22:53:03 |
  2. URL |
  3. 枯れっぺ #-
  4. [ 編集]

こんばんは♪

団鬼六さん、名前は知ってます。
亡くなったんですか、ご冥福を祈りたいと思います。

ハンサムでプレーボーイでちょっと変態な先輩さん!
覚えてますよ(^◇^)
う~ん、読んでみようかな。
  1. 2011/05/07(土) 23:06:04 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

こんばんは~。

私、団鬼六さんの作品は、読んだ事がありませんが、
お亡くなりになられてしまったのですね・・。

まなみさんの、変態な先輩のお話ですが、もちろん覚えていますーw

身のこなしがスマートでカッコイイのに、なぜか変態なんですよね(爆)
でも、ただのスカした男性よりは、楽しいですし
イイんじゃないか?と思っていますw

ただ1つ、うーん・・と思ってしまうのが、
女性のクチからは、ちょっと言いにくそうな
本の内容の感想を聞かせてみて!と言っちゃうのは、
いかがなものか?と思いますねーw
  1. 2011/05/07(土) 23:09:51 |
  2. URL |
  3. カオリちゃん #-
  4. [ 編集]

ちょびっと変態、それくらいがいいです。
表に出るものなら、抑鬱されていないものなら、それがバランス取れていていいんです。

押さえつけている欲望くらい怖いものはないです。
適度に発散しているくらいがいいんです。
  1. 2011/05/08(日) 09:11:34 |
  2. URL |
  3. まんがいんく #-
  4. [ 編集]

今まで、SMと言うと変態と思ってましたが、最近はちょっと考えを改め、意外にも深い哲学的カオスの世界と思って来ました。
きっと元祖なんでしょうね。
読んだ事はなかったですが、なかなか「蛇好き」って大きい声で公言できなかったのも、(公言してる?)この辺りも絡んでなんですよ。
一度読んでみようかな?
  1. 2011/05/08(日) 11:20:52 |
  2. URL |
  3. かえるママ21 #-
  4. [ 編集]

先輩カッコイイですね~
そんなスマートにタクシーをとめて、食事に誘ってくれるなんて…
想像しただけで惚れてしまいそうです( *´艸`)

ちょっぴり変態っていうのも、ギャップがあっていいですね^^
ものすごく変態だったら引きますけどー

花と蛇は読んだことがありません。
なかなか買う勇気がでませんね~^^;
私も誰か貸してくれないかなぁ。。。
  1. 2011/05/08(日) 13:38:11 |
  2. URL |
  3. てちこもち #-
  4. [ 編集]

はじめまして つい 書き込んでしまいます

団先生の訃報を 
こっそりとロムしていたこちらで見つけてしまい、、

涙涙に暮れていた私でございました、、、←ちょっと盛りました

で 勇気を出して 一度だけ書き込ませていただきます

その先輩という方は
たぶん、、アポリネール「一万一千本の鞭」も薦めたかったに違いない!!っと
心でガッツポーズを取ってしまった私をお許しください

変態じゃない 変態じゃないんだ

ちょっと 趣味がバロックなだけなんだ
現在の美輪明宏さんに耐えられる人なら けして表紙にカバーはかけないはずだ

などと 失礼いたしました
  1. 2011/05/08(日) 19:24:56 |
  2. URL |
  3. gavo-22 #j4zCBgh2
  4. [ 編集]

お久しぶりです☆

復活です(#^.^#)

その手の本、嫌いではないですが(^_^;)
SMはあまり興味がわかないですね~
でも「花と蛇」はDVDで見ました。
かなりエロかったです。。。
ま、SMという言葉を世間にだしたのは
団鬼六先生なのでしょうねぇ
ご冥福をお祈りいたします。
  1. 2011/05/08(日) 20:31:22 |
  2. URL |
  3. なおき #-
  4. [ 編集]

abe天国さんへ

そうなんですよ。団鬼六さんが亡くなりましたね。
私は実際はこの花と蛇の先輩の本と自分で買った1冊しか読んでないのですが
表現は比較的ソフトですよ。
でも読みにくいですw
あ、でもあまり女性にお勧めするのはイケマセンよ(笑)
  1. 2011/05/08(日) 22:04:29 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

枯れっぺさま

そうです。もちろんF氏ですよ(笑)
あ、家畜人ヤプーも読んでますよ。
あれ?もしかしたら枯れっぺさんのお勧めだったっけ?
サドはファンタジーでしたよ
  1. 2011/05/08(日) 22:04:52 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

りんさんへ

うふふ、何回か登場してますもんね。先輩。
読まないでいいと思います(笑)
すげー暇なときに暇つぶしに読むのが正解かな。
マルキド・サドのほうがお勧めですよ。
かなりファンタジーですw
  1. 2011/05/08(日) 22:05:09 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

カオリちゃんへ

そうなんです。あの変態先輩はそういう「言うと恥ずかしい」困った顔が
見たかったのでしょうね。思い切り変態ですよねw
でもかっこいいのでそれで許されるんですね。
自分をかっこよくって女性にモテるってことを熟知してないとできませんよね
下手したら「変態男」とかいうあだ名がつきそうですもんね。
かっこいいのに変態っていうところが先輩のイイところですねw
  1. 2011/05/08(日) 22:05:35 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

まんがいんく さんへ

ちょびっと変態なところがすごく魅力的な先輩だったんですよ。
とっても目につくほどのハンサムで、身のこなしがスマートだったんです。
なのですごくモテたんですけど、モテたからきっとちょっと変態でも
許されたんでしょうね。
先輩の結婚式にも行ったのですが花嫁登場より花婿登場のほうが
会場がざわめきましたよ。
  1. 2011/05/08(日) 22:05:53 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

かえるママ21さんへ

あはは、いやSMにそこまでの意図を見いだすとは、かえるママ21さん
さすがです。
その論理を追及するんだったらサドのほうがいいですよ。
しかも渋澤さんのお耽美フィルターを通していない直訳がいいと思います。
ファンタジーですよw
そんなんしたら生きてられないよっていうこといっぱいしてますもん。
  1. 2011/05/08(日) 22:06:10 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

てちこもち さんへ

そうなんですよ。ものすごくだったらひきますよね。
でもいい感じで変態なんですよw
ほんとにスマートでかっこよくってお客さんにまでファンがいました。

「花と蛇」は読まないでいいと思いますw
買うのはためらわれますよね。私も貸してくれてラッキーだったのかもです。
でもね、1冊読んだらいいやって内容でしたよ。
  1. 2011/05/08(日) 22:06:29 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

gavo-22さんへ

こんにちは、はじめまして。
団先生のファンの方でしょうか。
残念でしたよね。長い間闘病されていたようで、ほんとに
お疲れ様でしたと言いたいですよね。

ああ、アポリネールは読んでないのですが
そういう調なのですね。そうなのですね。
きっと先輩に聞いたらそう言うと思います。
あはは、変態ではないのですね。趣味がバロックなんですね。
よくインプットしておきます。
また遊びに来てくださいね
  1. 2011/05/08(日) 22:06:59 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

なおきさんへ

なおきさんは連休できっとご自宅に帰られているんだなと思いました。
復活なのですね。待ってましたよ。

あ、その手はお嫌いではないと。。。(笑)
「花と蛇」は杉本彩さんのでしょうか。
私は見てないのですが(だって映像になったら痛そうだもん)
もちろんエロいでしょうねw
そうですよね。SMの日本の元祖ですもんね。
  1. 2011/05/08(日) 22:07:20 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

その素敵な先輩のような人に出会ったことないですよ!
そんなドラマのような展開があるんですね~
「運転手さん、銀座ね」っていいなぁ~
でもちょびっと変態なのね^^
そういうギャップが面白いですね
それと部長さんも気になるなぁ
なかなか濃い職場ですね~
  1. 2011/05/09(月) 00:57:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

誰かなー?

こんにちわー、誰かなー。
お名前を忘れてますよー。
きっといつも来てくださる方の誰かだと思うんだけど。
こうやって妄想するのも楽しいけど、
是非ぜひお名前聞かせてくださいねw

ねー、いいでしょー。ほんとにハンサムだったんですよ。
東京に出てきたばかりであまりにも田舎者だった私は
すごく気後れしたんだけど、こんな子にも
すごくスマートなんですよ。
  1. 2011/05/09(月) 19:29:07 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

鍵コメさんへ

きゃはははーー!!!
それはひどーい!!わざわざ女性誌に!!
たしかに近くで犯人がいたかもしれませんね。
映画はちょっと見たいですよね。ええ、きっと変態です(笑)
あまり書くとせっかく鍵コメにしていただいたのに
書いた内容が全部わかっちゃいそうなので
我慢しときます(笑)
  1. 2011/05/12(木) 18:57:11 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/423-df258c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。