アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画と原作

今日から私は5連休なのです。連休だし、私の好き勝手なことばかり書いていきます(いつもだけどなっ>自分)


みなさんは原作のある映画を見る場合、原作を先に読みますか?映画を先にみますか?
ちょっと勝手に検証してみました。


1、原作が先のメリット


私は原作を先に読むほうが多いです。なんでかっていうと、私は本を読む速度が非常に遅い。
なので1冊に1週間とかかかるんですね。だから結末のわかったものをそんなに長い時間裂くのがもったいないって思っちゃう。
その点映画は2時間強ぐらいでほとんど終わるでしょ。だから結末わかってても時間の無駄って気がしないかなーって。

映画を先に見ちゃうと、本を読んでて頭の中の主人公の映像が主演の俳優さんの姿だったりするんですよね。
その人しか思い浮かばないのがダメなところかな。


2、映画が先の時のメリット

原作を先に読むとどんな映画でもちょっとつまらない。あらすじを追っかけてるだけって気になってきちゃって
「あれ?あの場面はないんだ」とかあらを探すようになってしまう。

あと本を読んで自分の頭の中で作り上げた映像が映画の映像とちがうと「なんか違う」思っちゃいますね。


映画を先に見て原作を読む場合、ちゃんと原作だったら楽しめるんですよ。
「へぇ、映画ではこうだったけど原作はこういう雰囲気なんだー」という発見があるんですよね。
そこが文学の持つ力なのかもしれないですね。反対に「この原作をよくああいうよい映画にしたなぁ」とかね。
たとえば「池袋ウェストゲートパーク」とか「よくこの薄い人物像を濃いキャラクタにしたなー」ってクドカンのすごさを知った作品でもありますね。

池袋ウエストゲートパーク スープの回 (通常版) [DVD]池袋ウエストゲートパーク スープの回 (通常版) [DVD]
(2003/07/25)
長瀬智也、加藤あい 他

商品詳細を見る


3、映画の方が好きな作品


映画のほうが原作より好きな作品ってどんなものがあるかなって考えてみました。
私の中では「ショコラ」や「ブレードランナー」もそうかも、あと松本清張ものは映画のほうが断然好きかも。

ショコラ DTS特別版 [DVD]ショコラ DTS特別版 [DVD]
(2001/11/03)
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ 他

商品詳細を見る


ブレードランナー 最終版 [DVD]ブレードランナー 最終版 [DVD]
(2002/07/05)
ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー 他

商品詳細を見る




結論
映画も本も好きだからどっちも楽しみたい。


後記
なんでこんなこと思ったかっていうとテレビで「チームバチスタ」を見たからですね。
ドラマもひどかったけど映画もひどい。原作を読んでなかったらもう少し楽しめたのかなーって思ったわけです。
吉川晃司はすごくかっこよかったけど医者には見えなかった。アクション映画の方が向いてた。
役者が揃ってる「クライマーズハイ」(ドラマも映画も)もダメだったもんなー。原作が好きであるほど映画がダメなのかも

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊

商品詳細を見る


クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
(2006/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  1. 2011/05/04(水) 09:30:51|
  2. 勝手に考察シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

コメント

私は両方ですね。

こんにちは。
私も映画と原作本を比較対象します。
映画監督によって映画が先だったり、本が先だったりしますね。
中には原作と全く異なった内容や作者の意図とずれた作品があるのも困ったことです。
最近の映画にこの傾向が見られます。
私の好きな作品は古いもので恐縮ですが「人間の条件」「二十四の瞳」です。
映画、原作ともに、とても良かったですね。
今以て色あせない名作ですね。
二十四の瞳は数作、映画化されていますがデコちゃん(高峰秀子さん)の作品は抜群に原作者の意図を汲んでいますね。
他にも、川端文学も大好きですよ。
  1. 2011/05/04(水) 09:59:21 |
  2. URL |
  3. ごろんた #-
  4. [ 編集]

私も原作が先の方が多いですね。
つか私は、本が先じゃないと、もう、読む気がしないのですよ。(x。x)゚゚゚映画がよっぽど面白かったら、後から、本を読む気にもなるのですが・・・
予習は好きだけど、復習は嫌い、みたいな?(ちょっと違うかな?)
まなみさん5連休ですか。いいですね。
こちらは、今はみぞれが降ってて、行楽ではない寒さです。
  1. 2011/05/04(水) 12:44:54 |
  2. URL |
  3. かえるママ21 #-
  4. [ 編集]

僕は原作読んでからだと
映画が面白くないので
映画を見て面白かったら
本を読むほうですかね
ま、最近は
映画でも子供に合わせて
アニメしか見てないですが、、、 (笑)
  1. 2011/05/04(水) 15:47:30 |
  2. URL |
  3. 加夢 #-
  4. [ 編集]

はじめまして

ワタシも、原作→実写は無いです。

原作を超えられるものは無いと思ってますから。
その逆はやりますが。
実写が面白すぎての原作。
やっぱり原作の方が遙かに面白いですね。

随分前ですが「ベル薔薇」が、おフランスで
映画化されたとき、
池田理代子先生が、映画化されたものは、
原作とは、別作品と捉えてると仰言っていて
なるほどと、うなずきました。

余談ですが、
「スラムドッグミリオネア」は、
随分アレンジされてますが、
映画、原作(『ぼくと1ルピーの神様』)は
共に素晴らしかったです。

突然失礼しましたm(_ _)m
  1. 2011/05/04(水) 16:01:46 |
  2. URL |
  3. りんだ #-
  4. [ 編集]

読書をすることがほとんどないおバカな私なので、たいていの映画は原作を知らないぶん楽しめているのだと思います。
ですが、漫画は見たことがあるので、映画化されると面白くないですね。

ひどいのはデスノート。
良くなってるのはクレヨンしんちゃん。
  1. 2011/05/04(水) 20:07:00 |
  2. URL |
  3. 映画デラックス #-
  4. [ 編集]

こんばんは♪

さて、どっちだろう?

あまりに原作が面白かったりすると、映画は考えちゃうかも。
監督や役者さんにもよるし。
でも映画が面白かったら、原作読みたくなっちゃう。
そっか、映画が先かな。

でもね、映像が想像できる原作だと、映画になって欲しいなって思う。
配役は私に決めさせて~って思っちゃうけど(^^ゞ
  1. 2011/05/04(水) 22:52:24 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

意識はしないな

たまたま読んだことのある小説をモチーフにした映画が製作された事が多いかな??

黒澤作品の「八月の狂詩曲」は村田 喜代子の「鍋の中」が原作で、芥川賞を受賞した時に読んでいた。
映画を観た時に、どっかで読んだことのある内容だなぁ、と思った。
(映画の題名と小説の題名が違っていたので気がつかなかった)

BOOK OFF、105円コーナーで買った本・「サヨナライツカ」が、その後に映画化されたり・・。
「亭主の小説が映画化される時に、女房が主役かよ・・」、と思って観に行かなかった。

そういう意味では、小説の方が先か・・。
  1. 2011/05/05(木) 07:50:57 |
  2. URL |
  3. 枯れっぺ #-
  4. [ 編集]

そうそうそう!!究極の選択なんですよね!!
映像で先に見てしまうと、ずーっとその人の演じる姿が
頭についてしまって離れません(汗)。
原作に顔つきの描写があっても「でも、こういう顔だったもん!」
って勝手に決めてしまっていて(笑)。

かといって、原作が先だと、、、
私もあらを探してしまいます(笑)。
確かに映画って長くても2時間ほどですもんね。
原作そっくりを求めるのは理不尽かも・・・と思いながら
「あーーー!!オチが違う!キャラが違う!!」

・・・映画が先のほうが、楽しめるのかな(汗)
  1. 2011/05/05(木) 16:57:43 |
  2. URL |
  3. はんぺん #-
  4. [ 編集]

ごろんた さんへ

そうですよね。原作も映画も楽しみたいですよね。
「人間の条件」も「二十四の瞳」もよく知らないので
調べてみましたが、ほんとに昭和の名作なんですね。
特に「人間の条件」は上映時間がギネスに載るほど長くて
しかもキャストが大俳優さんになった方ばかりですね。
映画化されて原作とかなりかけ離れたものにはなって
それがそれで一つの作品として完成されていれば
私はかまわないと思うのですが、原作の人気にのっかって映画化
したような作品はげんなりですよね
  1. 2011/05/05(木) 19:29:45 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

かえるママ21さんへ

私も原作が先が多いですね。
いやいや、そうそう、予習は面白いけど復習は嫌いですw
私も映画が先の場合はよほど映画が面白い時ですね。
そこそこの映画だったら原作まで読もうと思わないですよね。
北海道は寒いのですね。でも桜咲いてるんでしょ
ちょっといいですねー。
  1. 2011/05/05(木) 19:32:01 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

加夢 さんへ

うんうん、まさにそうですよ。
原作を読んでしまうと映画ではあらすじを追いかけてる感じになりますよね。
たしかに私もアニメ中心ですね。
でもトイストーリとかうっかり泣いちゃいますからね(笑)
歳くったのかなーって思います
  1. 2011/05/05(木) 19:33:44 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

りんだ さんへ

はじめまして。めぐのりあさんちでよくお見かけしていました。
よろしくおねがいします。
原作読んでからの映画はきっついですよね。
映画が全然おもしろくなくなりますもんね。
原作のファンであればあるほどそうですね。
あ、「スラムドッグミリオネア」は原作があるんですね。
知らなかったです。
スラムドッグミリオネアは監督がダニー・ボイルですよね。
彼の監督の「トレインスポッティング」は映画も原作も両方とも
中途半端で両方見てはじめてすばらしいって思う作品でした。
そういう意味でダニー・ボイル監督は原作のよさをよくいかした
作品を作れる監督なんでしょうね。
ベルバラってよく今から考えるとコスプレものですよね。
しかも男装って。。。って思いますけどあの当時はすごく楽しかったです
  1. 2011/05/05(木) 19:38:18 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

映画デラックス さま

いえいえ、原作は小説だけではないですよ
漫画を原作にしてる映画もたくさんありますよね。
漫画やアニメが原作の場合、絵がすでについているので
読者は小説よりさらに原作のイメージが強くなりますよね。
そこで実写はやっぱりきついですね。
「ヤマト」とかもそうですよね。

デスノは原作読んでないけど、そうなんですね。
しんちゃんは映画はすごく出来がいいですよね
  1. 2011/05/05(木) 19:54:49 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

りんさんへ

原作のファンだった場合映画化されるとちょっと期待しすぎて
駄目だったりしますよね。
あははは、うんうん、配役は私に決めさせてねって
思いますね。あはは。そうぢゃないよ。その人ぢゃないからって
思いますもんね。たしかにそうだわ。

映画が先のほうが両方楽しめますよね。
  1. 2011/05/05(木) 19:57:25 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

枯れっぺ さんへ

そうですよね。映画化されるのは小説でもなんでもとっても
売れたものだから読んでる可能性が高いものになるんですよね。
でも原作を読んだ映画はほとんどおもしろくないでしょ。
だからベストセラーを映画化するのは辞めたほうがいいと思うんですよ。
なんか原作ファンを取り込もうとしてるのかなーって思いますね。
あ、題が違ってたらわかりませんよね。
私も黒沢監督の「羅生門」を見た時に「羅生門ぢゃないぢゃん」って
思いましたもん。
  1. 2011/05/05(木) 21:12:20 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

はんぺん さんへ

そうそうそうなんですよ。映画を先に見ちゃったら
映画のキャストで登場人物が出てきちゃいますよね。
東野さんの「ガリレオ」シリーズとか見ても福山さんが出てきますもん。

そうですね。かといって原作が先だとあらすじを追ってる感じですもんね。
うんうん、オチが違うと腹がたったりしますよ(笑)
キャラもねー。それはその俳優さぢゃないのにって思っちゃいますね。
映画のほうが先のほうが楽しめるんヂャないかと思うのですけど
やっぱオチのわかった話をじっくり読む気にはなれませんよねー
  1. 2011/05/05(木) 21:16:06 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

この頃、レポートに追われる娘にPCを独占されていて、やっと遊びにこられました。

原作と映画、どちらがいいか微妙ですね。
全く原作通りというものもあるし、別物じゃん、っていいたくなるのもあるし。
もちろん両方ともいいのもあるしね。

「スラムドッグ・・・」はスタンスが全く違った別物でした。
うぎゃ~というほどシリアスな映画(どんな映画だ?)が好きな私としては映画に一票。

「君に読む物語」は映画は甘すぎる気がして断然原作。

「ミスティック・リバー」は原作に忠実すぎて、どちらでもいい感じ。全く同じです(どちらが一つで充分)。クリント・イーストウッドは実に誠実ですね。

「リプリー」はどっちも好きです。

そして・・・実は「マディソン郡の橋」もどちらも好きです。
あの世界そのものに好き嫌いが別れるかもしれませんが。

そうそう、「ドクトル・ジバゴ」は・・・と話し出すとコメント欄を使い尽くしてしまいそうなので今日はこの辺で。
失礼致しました~。
それにしてもまなみさんは本当にテーマの選び方がお上手ですね(*^_^*)

  1. 2011/05/06(金) 20:50:51 |
  2. URL |
  3. あまおう #CtpClNCg
  4. [ 編集]

あまおうさん


そうですよね。別物ぢゃんっていうのもありますけど
そういう場合は原作ファンには許せないものがありますよね(笑)

「トレスポ」のようにどっちも出来がイマイチだけど両方見ると
すごいっていうのもありますもんねw

あ、「太陽がいっぱい」は私はハイスミスファンなので
原作がいいかなー。でもジュード・ロウもアラン・ドロンも
すばらしいですよね。

ミスティックリバーは私は原作が先だったんですけど
ティム・ロビンスとケビン・ベーコンの役割が反対の気がして(笑)
キャストは私が決めるわよって思いましたw。

あ、マディソン群は読んでも見てもないですね。
メリル・ストリープは大ファンなんですけどね。
今度映画見てみます。

「フォクトル・ジバコ」は。。あははは、
そうですね。私もコメ欄の字数制限超えそうです。
またこの企画やりましょうね
  1. 2011/05/07(土) 22:12:29 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/420-cdd12ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。