アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私を離さないで

夕飯にアサリを買ってきました。

砂を吐かせておいたところ、息子がやってきて

やー、共食いしてるー引き離しちゃえ~。

などとアサリと遊んでおりました。


私は本を読みながら「ふんふん」と聞いておりますと。。。


息子「ねぇ、アサリ1匹飼っていいでしょー?」と言います。


私は本を邪魔されたくなくて「ふんふん」と生返事をしておりました。


で、夕飯の支度をし始め。。。


全員一気にバター炒め。。

息子ちょっと悲しい顔。なんで?


息子「だって飼っていいって言ったぢゃん」


そだっけ?あり得ないよ。どうやって飼うのよ。海水にいる生きものなんて飼えるわけないぢゃん。砂場にいる生きもの飼えると思う?何を食べるのよ。


しかも貝には愛情感じづらくないか?


ちなみにアサリのバター炒め、息子は食べませんでした(笑)




読んでいた本はこれ↓
内容は申しますまい。ちょっとしたSFでもありそうな設定なのですよ。
でも内容は思い切り重いです。多分テーマは「人間とは」とか「人生とは」って
ことですね。本を開いた時にはちょっと恥ずかしい青春グラフティ?な感じだったのに
本を読み終えるころにはどん底で真っ暗な気持ちにさせてくれます(笑)

カズオ・イシグロは敷居が高いイメージがあったのですが、ほんとに高かった(笑)
心にこんなに深く傷を残せるのは、多分これが文学だからですね。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
(2008/08/22)
カズオ・イシグロ

商品詳細を見る



スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 18:25:19|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:20

コメント

こんにちは

どこかで見たタイトルだと思ったら、やっぱりこちらの本にきましたか。
心にガツンの一冊でしょう?
カズオ・イシグロ、恐るべしです。

映画化されましたね。
切ないだろうなぁ。
有刺鉄線に引っかかったビニール袋が荒野を渡る風にはためく光景が目に浮かびます。
小説で充分な「ガツン」を受けたので、映画は見たいような、見たくないような・・・です。
http://amaoh605.blog77.fc2.com/blog-entry-367.html#comment
↑私の感想です。やっぱりストーリーは書けないよね。面白さが半減するもの。


ところで貝・・・愛情を感じにくいですね。
触れても体温が無いし、殻にこもってしまうしね。
息子さんはきっと愛情深いのだとおもうな、うん。
  1. 2011/04/30(土) 20:27:52 |
  2. URL |
  3. あまおう #CtpClNCg
  4. [ 編集]

こんばんは。

あっ!原作読まれたんですね~
原作の方が面白いと皆さん話されていますよね。

映画も個人的には好きな内容でしたけど。
僕の映画の感想読んでたらなんとなく
内容がピン!ときたのでは…

スミマセン。

息子さんはとてもストレートで素敵ですね。
そういう気持ちを持って大人になれればなぁって
後悔してしまいます(笑)
  1. 2011/04/30(土) 20:31:57 |
  2. URL |
  3. urbanarrows #-
  4. [ 編集]

幼い時、経験ありますね。

こんばんは。
私は団塊世代のオヤジですが3歳位から記憶が今もってありますね。
アサリも、お子様と同じ思いをしましたよ。
そして、家にいたニワトリも父が捌くというので必死になって止めたものの、私は外へ放り出されました。
その夜の食事は鶏すき焼きで私は懐いていたニワトリだったので、悲しくてカツオと醤油をかけた猫まんまで、ささやかな抵抗をしましたよ。
両親はすでに他界していますが、今でも、なぜか忘れることが出来ないことだったのです。
  1. 2011/04/30(土) 20:33:12 |
  2. URL |
  3. ごろんた #-
  4. [ 編集]

アサリのお話なんか切ないです…
きっと息子さんは次に買ったアサリを飼いなさいと言っても
今日のアサリがいいんでしょうね。

アサリを飼うという発想もなかなか思いつかない事なので
やっぱり息子さんナイスe-287

私はアサリの砂出ししてる時にベロみたいなの出してるのを
触って口閉じさせるのが好きでした(笑)
  1. 2011/04/30(土) 22:21:44 |
  2. URL |
  3. じょびんぬ #-
  4. [ 編集]

息子さんの気持ちも分かります~。
私は生きた魚介類を持ってこられると、自分でその息の根を
止めるのが非常にためらわれて、エビなんかいっそ飼うか?
と言う気になります。
貝はどうでしょうねぇ、じーっと見てると面白いかもしれんけど
果たして一個二個と増えるのか、だんだん大きくなるわけでも
ないだろうし、いつ死んだか分からないかも・・・。
貝としても美味しく食べられた方が幸せだと言う事でいかが?

ちなみに、昔家でニワトリ飼ってたんですけど、親がシメて
羽をむしっていてそれを手伝い普通にいただきました。
・・・・息子さんは純粋ですね(-"-)
  1. 2011/04/30(土) 22:24:30 |
  2. URL |
  3. めぐのりあ #-
  4. [ 編集]

こんばんは~。

・・・・・・・・アレ!?(笑)

皆さん、アサリを1度は飼った事があるものだとばかり
思っていましたが、そーではナイのですか?w

私、自分で潮干狩りに行って捕獲してきたアサリは、
勿論、飼育派デス!w

なんか、最近知ったのですけど、
海の水にも、塩分と水分のちょうど良い濃度があるらしいですね。

それを知らなかったので、適当に自分の好みで
塩を入れて飼育していましたが、もっても1週間でした・・。
申し訳ナイのですが、死んでしまうと臭いんですよぉ・・。

も、もし良かったら、次回は息子さんに飼わせてあげて下さいw
それか、息子さんを、私の家にホームステイをさせて頂けたら、
思う存分、2人で観察絵日記をつけて、
まなみさんに提出したいと思っていますw
  1. 2011/04/30(土) 22:31:55 |
  2. URL |
  3. カオリちゃん #-
  4. [ 編集]

こんばんは♪

ちょっと悲しい顔が、切ない(^◇^)
動植物に興味があるんですね、豆猿君。
でもさすがにアサリは飼えませんもんね。
アサリは食べなかったの?
優しいね(*^_^*)
  1. 2011/04/30(土) 22:48:45 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

ありますねー、あさりとか貝類飼いたいって言うこと。大人から見ると無理なんですけれどね。うち、ダンゴ虫を飼ってたりしたこともあります。ちゃんと、何を食べるか本で調べてみたりしていましたが、最終的には天に召されます。
でも、なんとなく生きているままおうちに買ってくるものって、飼える気がするのってわかるような気がします。
豆猿君、優しいですよ、私、きっとそう言った事忘れて食べちゃいそうですもの。
  1. 2011/05/01(日) 07:55:45 |
  2. URL |
  3. プートンママ #-
  4. [ 編集]

ほんと、ほんと。豆猿ちゃん、可愛い。優しい子ですね。
かえるまま、ホタテに指を噛まれた時は、「くー!食ってやる~!」って本気で怒りましたけど。(ものすごく痛かった)
憎しみは普通に沸きましたよ。
豆猿ちゃんは愛情が沸いたのでしょうね。

そう言えば、父の話だと、かわいがって飼ってたうさぎがある日突然いなくなって、カレーライスに入ってたって言ってました。
なんか、命を頂くって事なんでしょうね。
深いぃ話題です。
  1. 2011/05/01(日) 11:00:40 |
  2. URL |
  3. かえるママ21 #-
  4. [ 編集]

あぁーーーなるほど!!!!って思いました。
子供のころって何でも飼いたくなるんですよねー・・・って
こんな自分だけかもしれないのに「ですよね」も何もないか(笑)。

子供のころ、父が海で仕事仲間とつってきた魚を飼おうと
もくろんだことがありますが、見事テンプラになりました。

でも言われてみれば、貝も生き物なわけで、
アサリを育てようとしても良かったわけですね!
思いつかなかったなぁ。。。

豆猿くんは、色んなことを思いつきますね!!!
この前の水族館のときも面白かったですが、
とっても積極的ですね~(*^^*)
  1. 2011/05/01(日) 21:32:17 |
  2. URL |
  3. はんぺん #-
  4. [ 編集]

あまおう さんへ

ほんとほんとガツンの1冊ですね。
なんかカズオ・イシグロは重いってイメージがあって
敬遠気味だったのですが、ほんとに重かったです(笑)
あと3年ぐらい読まないでもいいかって思いましたw
映画化かぁ。。。
多分あの原作を凌ぐ出来の映画がつくれる気がしませんよね。
なんで映画化しようと思ったんだろう。
原作を先に読んだときに感じる「ダイジェスト版」っぽい感じを
受けちゃうんでしょうね。
淡々と描いているのに、見せる光景があまりに残酷なんですよね。
なんか大きな感動はないけど、読み終わったあとの読後感が最悪でしたw
文学ってこんなんだよなーって思う作品ですよね
  1. 2011/05/01(日) 21:34:58 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

urbanarrows さんへ

あ、urbanarrowsさんは映画を見られているのですね。
そうなんでしょうね。あの原作を忠実に映画化しても原作の伝えたいことは
伝わらないと思いますね。
多分あらすじがわかったとしても、この本の出来にはなんの遜色もないと
思います(現に本の帯にほとんどのことが書いてあるし)
その設定を通して、人間とはとか人生とはってことが描かれて
いるんだと思いますね。映画化されると3人のラブストーリになりそうですね

いやいや、息子は単純なだけですよ(笑)
このまま大人になっては私が困りますw
  1. 2011/05/01(日) 21:40:15 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

ごろんた さんへ

あはは、なるほどですね。でもアサリより鶏のほうがずっと愛着がわくし
家にいる期間も1時間の砂ダシのアサリより、鶏のほうがずっと長くいるし
きっとニワトリをシメられたほうがうんとつらいと思います。
食べれないのもわかりますね。
でもそういう命を食べるという尊さはよくわかったのではないでしょうか。
ごろんたさんのお父様もきっとそういう教育をされたのでしょうね
でも今だに心に残っているというのは、そうとうなショックだったと思います。
  1. 2011/05/01(日) 21:46:18 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

じょびんぬ さんへ

私もよく砂出しをしているアサリと遊んだ思い出がありますよw
うちはよく渡りカニを買ってきて食べてたんですけど
まだ生きているカニを洗面器にいれて遊んでいました。
でも母は容赦なくキューキューいうカニを湯だった鍋に押しこんでましたけどね。
でも私は渡りカニが大好きだったので(食べるのがね)
一度も「飼いたい」と言ったことなかったです(笑)

アサリは意外ですよね。私はどうしても貝とかに愛着持てない気がしますよ。
やっぱ哺乳類でないと愛着もてない気がしますw
  1. 2011/05/01(日) 21:50:08 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

めぐのりあ さんへ

たしかに自分で殺さないといけないものはちょっと切ないですよね。
あの踊り食いとかあまり趣味がいいと思えないですもんね。
もがいている魚をみながら刺身を食うってちょっとごめんなさいな気分ですよね。
でしょー。貝には無理ですよね。愛着持てるのは金魚ぐらいがせいぜいですね。
虫も駄目ですね。
前に生きたエビをもらったときに、母がその場であばれる海老の殻をむいて
私に「はい」って渡してきたんですよ。ものすごい勢いでご遠慮しちゃいましたw
「生きがいいから、殻がむきにくいわ」とか言うのを聞きながら
むしり取る姿にちょっとずっとしましたヨ
  1. 2011/05/01(日) 21:54:32 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

カオリちゃん へ

あははは、いやいや、アサリはないですよw
だってだってどうやって飼えばいいかわかんないし(笑)
砂とかいりそうぢゃないですか?
あと海水で生きる動物は全般的に無理ですよ。
海水を人口で作るのは難しいことですもん。
あははは、自分のお好みの塩加減でいれてたんですねw
それは駄目でしょう。
きゃはは、ええ、ええ、是非うちの息子を派遣しますので
貝の観察記録をつけてください
  1. 2011/05/01(日) 21:57:15 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

りんさんへ

そうなんですよ。アサリほんとはすきなのにその日は
食べなかったんですよ。優しいっていうより単純なんです。
今日は水棲動物園に行ったんですけど、
蛙とかおたまじゃくしに悲鳴あげるんですよ、まったく
  1. 2011/05/01(日) 21:58:59 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

プートンママ さんへ

ほんとですか?貝類飼いたいって言うんですね。
そっか、みんな通る道なんでしょうか(笑)
ダンゴムシは娘が好きで買いたいと言ってたんですけど
私は虫が嫌いでむりむりむりって感じでした。
そうですよね。私も昔渡りカニを洗面器で生かしてて
遊んでたのでわかります。飼える気がしますよねw
私は残念ながら渡りカニ大好きなので、食べちゃいましたけどねw
  1. 2011/05/01(日) 22:01:37 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

かえるママ21 さんへ

え!!ほたてって噛むんですか?こわーい。
ほたてってところが北海道っぽいです(笑)
そりゃホタテは食ってやりますよwもちろんですよね。
豆猿もアサリに噛まれてたらすごい食ってたんでしょうけどねw

あ、うちの母も家に帰ったらウサギちゃんがいて
すごく可愛がってたらお父さんが食べるのを勘弁してくれたって
いってました。ウサギを日常的に食べてたんですよね。
ウサギ結構くさくて私は好きではないです。
あれ食べるんだったらペットにするほうがいいなー
  1. 2011/05/01(日) 22:04:29 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

はんぺんさんへ

いえいえ、豆猿はね学校の先生に
「猿くんは積極性がほしいです」って言われちゃうんですよ。
学校ではこっそり生きてるんでしょうねw

お魚は貝よりずっと愛着がわきますよ。
私も父が釣りに行って捨てる小さな河豚を飼おうと
思ったことありましたよ。でもね、やっぱ海の生き物は難しいですよね。
海水って思った以上に塩はいってるんですよねw
うちは生きもの禁止なので、なんか飼ってみたいんでしょうね。
猫とか犬とか飼えないので、せめて貝なのかなー(笑)
ちょっと貝は懐くと思えないですよね
  1. 2011/05/01(日) 22:09:28 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/418-c0d7087f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「わたしを離さないで」 心を揺さぶる読書

珍しく小説を読みました。 カズオ・イシグロ、幼少のときに渡英して、英語で小説を書く方です。 ブッカー賞をとった「日の名残り」は、アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンで映画化されたので、ご存...
  1. 2011/05/20(金) 21:56:44 |
  2. 木陰で本を読みながら

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。