アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと気がついたこと(追記ありです)

今回の地震の海外の報道を見ていると、明らかに写真とかが生々しいと言うか、リアルに撮られていますよね。


日本での報道は「ひどーい」と思うけど、ご遺体とかは丁寧にぼかしをいれたりモザイクをいれたりしてるし、あまりに凄惨な場面は写してませんよね(一部の写真週刊誌ではでてますけどね)


海外のは同じ民族ではないからかなとも思ったのですが、国内のハリケーンの被害などの時も凄惨な写真が出ていましたね。9.11の時も。

きっと事実を映して、こんなことになってるんだって訴えるには海外のほうがリアルに現状がわかります。
(なんで海外はアダルトや暴力の映画の規制はあんなに厳しいのにニュースはあんなにリアルなんだろう?)


でもこれはもしかしたら日本人の死生観とも関係あるのかなとも思います。

日本人にとってご遺体は魂の抜けた空の肉体ではなく、「ほとけさま」なんですよね。
穢してはいけない崇める対象なんだと思います。他人に興味本位で見られるのはご遺族にとっても本意ではないはずだし、亡くなられた人への哀悼の気持ちも感じられませんよね。

よく日本のお葬式とかに行くと口や鼻に綿をつめている場合がないですか?
あれも日本独特の風習らしくて、ご遺体は崇める一方で祟られる恐怖の存在でもあったようです。
日本に火葬が早くから根付いているのは、土地がないのもありますが、こういう恐怖の存在でもあったからでしょうね。

日本人の民族意識の中にきっと、ご遺体は穢して人さまにさらしてはいけないというのがあったんでしょう。なのであまりにも凄惨な写真は日本ではみられないんだなって思います。

現実を知るのも大切でしょうけど、不幸にもなくなった方の無念さを思うと軽々しく写真とかに載せなくていいよって思います。たとえ現実を伝えるべきニュースでもこれまで通り日本の心を持って報道してほしいですね




こういうの見ました↓
緊急被災地支援/ご不要な和服のご提供のお願い

私は着物きないので持ってないけど、着なくなった着物のある方は如何ですか?

スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 21:24:03|
  2. 今日のことがら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

コメント

こんばんは♪

「日本にはけして流れないニュース画像」
こんなようなタイトルでのブログ見ました。
「リアルな映像を流さないと、誰も他人の痛みを感じないからダメだ。」って感じの記事が書いてった。
「遺体の収容所で、亡くなった家族を探す人」
写真のリンク先もあったけど、私は見られない。
リンク先、クリックできなかった。
想像つくもの、どんな写真か。
見なくたって絶対悲しみは分るもの。
津波の映像だけで、心が痛かったもの。
写真を見なきゃ悲しみが分からない人は、興味本位で見るだけだと思った。
それに私が遺族だったら、写真撮ってる人がいたら、殴ってるかもしれない。
意見はそれぞれだから、しょうがないけど。

まなみさんのブログで、とっても分かりやすい意見が聞けて、嬉しかったです(*^_^*)
  1. 2011/04/15(金) 22:11:56 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

報道の自由はあるんやろけど
最低限の「思いやり」は日本にはあります。

「真実を伝える」と正義の言葉をいうでしょうが、
商売主義にしか感じないですね。
だから「パパラッチ」みたいな人間がでるのでしょう。

日本人は、やはり遺族の悲しみも考慮できる
優しい人種やと思います。
最近、日本人っていいなぁと思う事が多いです(#^.^#)
  1. 2011/04/15(金) 22:41:26 |
  2. URL |
  3. なおき #-
  4. [ 編集]

こんばんは~。

写真の掲載の事ですが、その国柄だったり、
文化の違いによっても、本当に様々ですよね・・。

あと、犯罪者の親や、親族に関しても、
顔が普通にテレビに出てしまう国もあれば、
日本のように、極力映さなかったり・・しますよね。

個人的には、どちらにしても、
ただの興味本位だけで、見る事だけはイヤだな・・って思います。
  1. 2011/04/16(土) 00:27:17 |
  2. URL |
  3. カオリちゃん #-
  4. [ 編集]

ども、ひでのです(`・ω・´)
災害やテロの現場、あるベクトルはかかってると思いますが
報道しても良いかなとか、思う部分もあります。

今現在は、知らない幸せを選んでられない
知る不幸を受け入れて次に生かす時代なんじゃないかと

美味しく食べられてる、お肉の生産現場の最終工程とかも
命をご馳走様、って 日本の老若男女思うような報道や教育もなんて
職業柄、思ったりするのです。
そして、食べられることも無く、捨てられたりで保健所で亡くなって行く命
極論ですが、飼えなくなって、
次のオーナーが見つからないなら
食ってやれ!
それくらいの気概が無いなら、ペットを飼うな!
なんか、話がずれちゃったけど
どんな動物であれ、死体を見るのは辛くて
僕は人には関われないのですが
歯科医まで検死作業に当たってる被災地
なんだろ、動物として生まれて、
無駄死にだけはしたくないって映像は、グレーな必要悪なのかも

なんか、とりとめなく書いちゃいましたが
生きとし生けるもの全て、無駄死にはするなよ^^
  1. 2011/04/16(土) 02:07:28 |
  2. URL |
  3. ひでの #-
  4. [ 編集]

真実は伝えて欲しいけど、節度は持って欲しいですね
  1. 2011/04/16(土) 09:13:08 |
  2. URL |
  3. まんがいんく #-
  4. [ 編集]

まなみさん、今回の記事ではとても、深い内容で、すぐにコメントできませんでした。
死者や遺族への配慮が出来る、この国はやっぱり精神性が高い様な気がしますね。歴史的にはな非人道的な事もして来たけど、それを踏まえて進化してるのではないかと思います。
インフラなど戦後の復興も速かったけど、精神的な進歩も速いのが日本人なのかな、って思いました。

着物の、見ました。不要な送りたいなって思いました。
ネックは「クリーニンング済みのもの」って所ですね。
クリーニング着物だと、6千円~8千円はしますもんね...
いい情報ありがとうございました。
  1. 2011/04/16(土) 18:22:48 |
  2. URL |
  3. かえるママ21 #-
  4. [ 編集]

うーーーん。。。。。頭がまとまらないです。。。

テレビに死者がうつらない理由は、
今までは「みんなが見たくないものだから?」と思っていたので
「生死感」はなるほど!!という感じです。

学生のころ、事故の写真集を見たことがあります。
どういう事が起きているのか、死ぬってどうなることなのか
世の中には不本意な死があって、
それが自分にも起るかもしれない。
なのに私は暗い側面から目を背けて
見えないことを良い事に安穏としている、という気がして。

海外メディアの考え方にも共感はできます。

反面、無念さを思うと・・・のくだりを読むと
確かにそうだよなぁ・・・という感情も沸きます。
そっとしておいてあげてほしい、それも分かります。

なんか、混ざっちゃって、まとまりませんでした。。。
  1. 2011/04/16(土) 23:06:07 |
  2. URL |
  3. はんぺん #-
  4. [ 編集]

りんさんへ

私もその「遺体の収容所で、亡くなった家族を探す人」
見ちゃいました。
私はリンク先まで見ちゃいました。
うん、やっぱ海外のメディアでないと載せられない映像だったですね。
あの中に自分の家族がいたら耐えられないと思いますね。
ほんとに哀悼の意は感じられませんでした。
でもね、真実はこうだけど、それを見せると人の心に深くその光景を
刻んでしまいますよね。それがいいのかわるいのかは
海外と日本の犯罪率を比べても一目瞭然だと思いますね。
日本は犯罪が増えたけど、まだまだ海外とは比べ物にはなりませんよね。
映画をいくら規制しても駄目よ。映画は虚像だけどニュースは本物だもの
規制するポイント間違ってるって思いますね

そういろんな意見はあるかと思うけど、やっぱり日本人には
DNAにご遺体は仏様なので丁重に扱わないといけないっていうのが
刷り込まれてますよね。
  1. 2011/04/17(日) 19:34:11 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

なおきさんへ

うんうん、そうですよ。最低限の思いやりは持ちながら報道して
欲しいですね。なんか物のようにご遺体がごろごろしている風景を
見せられると事実であっても畏れを感じますよね。
現場の方、ご遺体を回収する役割の方、海保や自衛隊の方たちにも
心に傷がついていないか心配ですね。どうかほんとにみなさん
お大事にしてほしいです。

そうですよ。日本人は歴史的にもいろんな悪いこともしてきてるけど、
学習して反省して何度も立ち直ってきてますよね。
今回もできるはずですよね。
そして復興した時にはきっともっと立派に国になってるはずです。
  1. 2011/04/17(日) 19:34:38 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

カオリちゃん

そうですね。これってほんとに文化によりますよね。
そうですね。犯罪者を実際にTVに出して反省の弁を述べさせたり
する国もありますよね。
話は違うのですが、犯罪者のほうは少年で守られていても、被害者の少年の顔や
名前が出てたりするのはとても納得できないんですけど。
それはともかく(笑)
そうなんですよね。人間は多様なので、興味本位で誰も見ないかと
いうと残念ながらそうはいかないと思うんです。
「すげー、死体だぜ」って楽しむ人たちもいるんぢゃないかと思います。
そんな人たちの目にさらすのはほんとに嫌ですよね。
ましてやその中に自分の家族がいたら多分その出版社に殴りこみに行きますね
「悲惨な現場を写すのに必要だからいいや」とは思えないですよね
  1. 2011/04/17(日) 19:35:00 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

ひでのさんへ

ひでのさんは、ペットの死体をたくさん見てこられたんですね。
そうですね。生きものの死体はどんなものでもつらいものですよね。
確かに簡単にペットを買って捨てる人たちがあとを絶たないですね。
生き物を飼うことはその死にもちゃんと向き合うことですものね。
いろんなことを知らなければいけないと思います。
でも映像にするべきかどうかは迷うところですよね。
活字より映像のほうが100倍いろんなことを伝えられると
思いますけど、人に与える影響からすれば、がんばって活字で報道して
欲しいと思います。
写真でなくても活字でも、それを理解して反省も発展もできる日本人だと私は信じたいです。

  1. 2011/04/17(日) 19:35:21 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

まんがいんく さんへ

おっしゃる通りですね。節度を持って報道してほしいですね。
ご遺体をごろごろ並んでいる映像とかは、日本人には無理です。
心を壊してしまう人がたくさんできてしまうと思います。
  1. 2011/04/17(日) 19:35:42 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

かえるままさんへ

そうですね。歴史的なひどいことはほんとにひどいですものね。
それも今は教科書にも出ていて、日本人は自分たちの犯した許されない罪を
しっかり反省して悔いていくべきだと思うし、子供たちにも伝えて二度と同じ
間違いをしないようにしなくてはいけませんね。
戦争後の復興に関しては、私はまったく勉強不足で今から勉強したいと思ってます。
誰がどう指揮してあの復興を遂げられたのか。アメリカはそれにどこまでどうかかわっているのか。アメリカがいたから復興できたんぢゃないのか。そういうことを
ちゃんと勉強したいです。その上でこの震災の復興はどれぐらいで、どうすればいいのかってわかる気がするんです。
あの戦争後、まったくペンペン草も生えないほど何度も焼かれて焼け野原になった
東京をどうしたらここまでの近代都市にできたのか。とても今興味あるところです。

着物はそうですねー。クリーニングは厳しいですね。
大きな汚れや汗ジミがなかったらセーフではないのでしょうかね。
  1. 2011/04/17(日) 19:36:02 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

はんぺん さんへ

うん、そうですね。報道の方法も手法も文化ですからね。
きっとキリスト教の多い地方と仏教徒の多い地方では報道の仕方も
変わってくるんでしょうね。
私は昔、原爆資料館で、原爆後の外国のジャーナリストの撮った写真を見たんです。
多分見た人はだれもが心に深く傷を残したと思います。
あまりにも人間の尊厳というものがない、でもそれが戦争なんだと思います。
そういう意味ではとてもその映像でいろんなことを理解できました。
なので海外メディアのやり方も私もわからなくはないです。

でもね、やっぱ面白半分に見ちゃう人もいると思うんですよねー。
それも多様と自由を謳うなら、それも仕方ないと思うんです。そういう風に見ては
いけないと誰も言えないわけですもんね。
なのでやっぱ節度をもって報道するべきだと思っちゃうんですよ。
余程知りたい覚悟のある人には門を開いておくべきだとは思うんですけどね。
  1. 2011/04/17(日) 19:36:22 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/410-1e7a0dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。