アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リマインド くも膜下出血

困ったときのリマインド企画です。この当時のコメント見たら、よく来ていただけるみなさんのお名前がなかったので、これ幸いにコピペしちゃいます(笑)

ここはそもそも「アラクノフォビア」って題で、「蜘蛛恐怖症」って意味なんですよね。
くも膜下出血で倒れた旦那の闘病日記にとはじめたブログです。今ではまったく関係ないですけどね(笑)
でも検索キーワードに「くも膜下出血」で探してきてくれている方々を見ると、ほんとに心が痛い。必死に検索してくれてるんだろうな(私もそうだったし)と思うのでたまには、くも膜下出血のことも書いておきましょう。

といっても、内容はくも膜下出血というより金魚の話題ですけどねw

以下より

*************************************


くも膜下出血っていう病気は突発的にやってきます。
いきなりやってきて根こそぎ健康を奪っていくのです。
大猿もそうでした。

その大猿が倒れた日、「くも膜下出血です」と聞かされすぐに
私は実家の母に電話してそれを告げました。

実家の母の唖然とした顔がまるで手に取るように分かりました。
その後誰にこの病名を告げても同じ反応するんだなぁと思いました。
みんな一瞬にしてドン引きします。そういう病気があるのは知ってるけど
身近にあるとは思わないんですよね。私だって思わなかった。


で、4時ぐらいにその話を電話でしたのですが、母はその日の6時には
東京に向かって新幹線に乗っていました。私の両親は山口県にいます。
決して近い距離ぢゃないし新幹線でも5時間ぐらいかかります。


その日の夜11時には病院に来てくれて、うちの子供たちを
連れて私の家まで帰ってくれました。持つべきものは親だなぁと
本気で思いました。母のサポートがなかったら私はあの時どうしたんだろう。


1週間後には父が「一人ではさびしい」という理由で
東京に出てきます。それから両親は豆猿の夏休みまでいてくれて
豆猿の夏休みになるやいなや、豆猿を実家に連れて帰ってくれました。

その時に二人がとても気にしていたこと。
それが2点
・車のバッテリーがあがっているんぢゃないか。
・飼っていた出目金が死んでいるんではないか。
なんせ2カ月も丸々餌もあげてないんですもんね。

母は金魚のことをとても気にしていました。真夏であることもあり
「きっと死んで腐ってぐちゅぐちゅになって臭くなっているに
違いない」とか気持ち悪くなるような想像をさせてくれちゃっていました。

で、帰ってみると金魚はどうなっていたか。。。


feec466f-s.jpg

生きてたんですね!!すごいね金魚って。2カ月食べないでも
平気なんだね。こんなに強いんだったら、もっと金魚すくいの金魚も
長生きしてもよさそうなものなのにね。

でもこういう風に半分黒、半分金魚色になってしまったんですよ。
ストレスなのかなー。こんなになるんですね。面白い(いや金魚に悪いか)

よく調べると黒い金魚っていうのは色が滑落するらしく
黒をキープするのも難しいことらしいんですね。なるほど金魚の世界も
奥が深いんですね。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/15(火) 20:05:09|
  2. リマインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

黒を残すこと!ほんと物事って奥が深いですよね。
ご実家の出目金もすごいです!

リマインド企画!まなみさんのこのカテは本当にたくさんの方が勇気つけられたと思います。
以前の記事で 飛行機に乗らないとかの配慮とかも聞いて
まだまだ たくさんの事を抱えて暮らしていらしゃるんだと驚きました。
それにしても ご両親の行動は素晴らしいです。
何回聞いても 感動しちゃいます。
こうしてたまにお聞きして 自分を顧みる!リマインドって大事ですよね。
今日もいい話しを拝見できて こちらにお邪魔して得した気分です。
もうじき夏休みですね。お子ちゃんたちはご実家に行くの?
  1. 2014/07/16(水) 08:05:27 |
  2. URL |
  3. nanami☆ #-
  4. [ 編集]

たしかにその病名を出されたらドン引きというより
固まってしまうかもしれません。
死に直結するものだし、、、元気になって振り返られる
今で本当に良かったですよね。
本当に困った時に親のありがたみってわかりますね。
かけつけてそばにいてくれるだけで心強いと思います。
ところで金魚は水槽にブクブク(酸素?なんていうの?)ついてたんですか?
エサは案外あげなくても大丈夫かもしれませんが、エアー
無しの水槽は水が汚れて酷い事になるかなと思います。
あー、元が黒だったんですね、ストレスで黒くなったと勘違いしました。
しかし金魚もたくましいんですね。ウチのめだかはすぐダメになりそう。
  1. 2014/07/16(水) 10:47:46 |
  2. URL |
  3. めぐのりあ #-
  4. [ 編集]

家族愛

両親のサポートはとてもありがたいですね!
自分一人じゃ、どうしていいか分からないっていうこと、たくさんあります。
でもたま~~に、忘れちゃうから私、今、反省中(^^;
ちょっと言い訳...親がワガママな時があるから~(≧▽≦)

黒い金魚って金色になるんですか!!
昔金魚すくいで、ゲットした、うちの金魚は鯉だったみたいで、髭がありました。(^^;
  1. 2014/07/16(水) 11:53:46 |
  2. URL |
  3. ぶちにゃん #-
  4. [ 編集]

まなみさん、こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。。。

リマインド企画に反応して出てまいりました。
くも膜下出血と検索してたどり着いた一人です。
2年前未破裂の状態の瘤が発見されて、1年前に手術を受けました。
コイル塞栓術だったので、身体的負担も少なく元気にしてるんですけど、私の場合2つ見つかって1つは小さいのでそのまま経過観察してるところです。
そちらは、もし大きくなったら開頭手術になる予定なんですよ。

びびりまくって調べまくって、色んなサイトを見て回ったのが1年前。
中途半端な状態ですけど、信頼できる主治医のおかげもあって、今はあまり気にしていません。
大猿さんはその後、いかがでしょうか。

まなみさんの文章が面白くて、きっかけを忘れて密かに読み続けておりました。
豆猿くんと小町ちゃん、うちの二人の子どもたちと同い年なんですよ。
まなみさんのお弁当もツボです。
ちょこちょこおじゃまさせて下さいね。
  1. 2014/07/17(木) 16:35:38 |
  2. URL |
  3. yukirin #-
  4. [ 編集]

nanami☆ さんへ

ね、そうでしょ。黒を残すことのむつかしさって奥が深いですよね。
金魚を本格的に買うとこういうのも勉強するんでしょうね。
ほんとに世の中って、いろんなものがあってそれぞれ奥が深くて
たくさんの人たちがそれにかかわってるんですよね。ほんとに知れば知るほど
世界って広いって思います。知らないこといっぱいですもん

うふふ、困ったときのリマインドですw(ただの過去記事のコピーですけどね)
そうなんですよ。飛行機とか強い磁気のものはダメなんです。
なんかね、腰にシャントが入ってますっていうカードを携帯してるんです。

あ、夏休みは子供たちだけ田舎行きますよ。
もう豆猿はそれを楽しみに1年すごしてますからね。毎日電話してるのにですよ。
切符を買うときにまでついてきましたよ。こんなに愛してもらえるとか
うちの父はなんて幸せなんだろうって思いますね。今までろくに誰からも愛されない人だったけど
今が人生の一番いいときなんぢゃないかな。バカ息子だけどここだけは息子に感謝です
  1. 2014/07/17(木) 20:33:11 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

めぐのりあ さんへ

ね、ね、どん引きの前に固まりますよねww
ほんと誰に言ってもそうでしたよ。会社に電話したときの上司とかもそうでした。
そうですよね。生死にかかわる病気ですよね。なんか私の認識では
その病気イコール死か寝たきりでしたもん。そう思うよね。
でも結構くも膜下出血は元通りで戻ってきた人が意外にいるんですよね。
これもなってからわかったことです。ほんとよかったですよ。

そうですよね。困ったときってやっぱ肉親が一番本気になってくれるんだなって
思いましたね。私より旦那より孫が一番心配だったんでしょうけどね。
あ、水槽はぶくぶくは入れてるんですよ。だから大丈夫だったんでしょうね。
そうなんですね。金魚って餌あげなくても少々生きるんですね。
生きた水草が入ってたのもよかったのかもですね。

あ、そうなんですよ。金魚って金魚色の上に黒でコーティングされてるみたいでw
黒がすぐ滑落するんですって。こういうの知らないですもんね。
キンギョの世界もファンがたくさんいて奥が深い世界ですよね。
めだかちゃんは絶滅危惧種ですもんね。昔はよくいたのにね。
  1. 2014/07/17(木) 20:39:26 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

ぶちにゃん さんへ

そうですよね。肉親はやっぱ一番本気になってくれるんだなって思いましたよ。
うふふ、うんうん、わかりますよ。反対に肉親だから甘えちゃうとか
ありますよね。肉親だからいやだっていうのもありますもんね。
近くにいればいるほどわかんなくなる存在ですよね。
そうなんですよ。黒のしたには金魚色があるみたいなんです。
地が金魚色で黒がコーティングされてるみたい。
なんか奥が深いですよね。あはは、髭があったの?(笑)
でも小さいんでしょ。なんかそれはそれで面白いですよね。
大きくなったら鯉になるとかいいですねー
  1. 2014/07/17(木) 20:42:51 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

yukirinさんへ

はじめまして、ようこそ!!ありがとうございます。

ああ。まさにくも膜下出血で検索して来ていただいたんですね。
なにも参考になるものがなくて心苦しいです。
コイル塞栓術だったんですね。
怖かったでしょうね。脳の手術はどんな手術でも大手術ですもんね。
でも未然に破裂を止められて、しかも定期的に経過を観察されてるんですよね。
もうそこらへんの人よりうんと破裂のリスクは少なくなったと思いますよ。
うちの主人は倒れたときにグレード4で、かなり厳しい状態でしたけど
今では普通に仕事してるし通常の生活を送ってます。

今は破裂をふせぐ医学はすごく発達してますよね。だからほんとに未然にわかって
よかったですね。破裂しちゃったら今の医学でも神頼みみたいな感じですよ。
ほんとに脳ってわかってないんですね。だからyukirinさんもうちの旦那も
定期的に見てもらってる人は大丈夫って思います。

あ、いろいろ読んでいただいたんですね。
ありがとうございます。すごくうれしいです。サボりがちだけどとても励みになります。
これからもよろしくお願いします。また遊びに来てください
  1. 2014/07/17(木) 20:53:55 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

まなみさん、レスありがとうございます(^^)
瘤持ちの人や、クモ膜下出血された方、その周辺の人にとっては、まなみさんのご主人が生還されたことがとても大きく励まされることと思います。私もその1人です。

私の場合は予定手術でしたので、色々と準備して迎えたつもりでしたが、それでも一時期家族はどんよりしてました。
特に中学入学したばかりの娘は、理解できるばかりにダメージ大きかったです。

豆猿くんと小町ちゃんはもっと小さい時で、どんなに頑張ったことかと思います。
突然のことで、家族はただ変化に追われるしかなかったですよね。

私は当事者なので、逆に徐々に覚悟決まっていったんですが、同意書にサインする時の夫のこわばった顔が忘れられないです。

まなみさんは、ひとりでそんなことを乗り越えられてきたんだなぁと思うと頭が下がります(>_<)

そんな訳で、ご主人がお元気にされてる話をお聞きすると嬉しくなります。
ポールのコンサートは残念でしたけど…
色々な奇跡やめぐり合わせで、元気でいられているんでしょうね。
お互い検診でいつまでも問題ありませんように。…長々失礼しました!

今度は笑えるお話の時に(*^^*)


  1. 2014/07/20(日) 01:05:27 |
  2. URL |
  3. yukirin #-
  4. [ 編集]

yukirinさんへ

こちらこそありがとうございます。
あ、ポールの記事まで読んでくれてありがとうございます。すごくうれしいです。

そうですよね。しかもお母さんが病気になるっていうのは女の子にとってほんとに
辛いでしょうね。でもこういうときだからこそ家族の大切さってすごくよく
わかりますよね。病気は悪いことばかりぢゃなくて、いろんな勉強をさせてくれますよね。
普段考えないようなこともうんと考えますよね。命のこと、家族のこと、ほんとに
生きてさえいてくれればいいって思いました。ほんとにたくさんのことを学んだし、たくさんの人たちの優しさ、家族の絆がわかりました。

豆猿はまだ小学校低学年だったんですよ。救急車のそばで「パパがしんぢゃう」って大泣きしてて
まわりの人たちに「ボク頑張れ!!頑張れ!!」って言われて、救急車の人にも「お父さん、きっと大丈夫だから、お兄ちゃんが
しっかりするんだぞ」って言われて落ち着きました。ほんとにいろんな人たちに感謝でしたよ。

同意書のサインは怖いですよ(笑)だって入れ代わり立ち代わり怖い話を聞かされるんですもんw
そしてたくさんの書類にサインするんですよね。輸血のサインとかね。でももう読んぢゃいなかったです(笑)
ただ手を動かして作業してるって感じ。だって私にはそれしかできないもんね。お医者さんにお願いしかできないですもん

このおかげでyukirinさんにも出会えましたし。ほんといいこともたくさんありますね。
でもお互いに十分気を付けていきましょうね。健康がなにより基本ですよね。あと遺伝が大きいと聞いたので
お互い子供たちにもある年齢になったら検査させましょうね。
  1. 2014/07/21(月) 08:59:55 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachnophobia.blog60.fc2.com/tb.php/1016-c0b9dd2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。