アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今の立ち位置

今ね、私はとっても暇暇星から来た暇暇星人なのです。

なぜかって?

年末にリストラされたのです・・・・ひぃ!

10名程度の会社が半分になるほどリストラされました。ほんと世の中は厳しいね。残る人たちもとても大変だと思います。

また社長の心中を思うとほんとに辛いだろうなって思います。切られた私たちのほうが元気かも。人間って追い詰められると強くなるもんですもんね。スイッチはいるっていうかねw


でもねぇ


実は2016/1末で退社なのですが、1か月有給を適用してもらえるのです。

何回目かの就職活動。

とほほ・・・

2010年、私がこのブログを始めた当初も私は就職活動をしていました。リーマンショック直後でものすごく状況が悪い中就職活動をしてて、とっても辛かったのを覚えています。

でもね、今回は歳もいってるしもっと厳しいかなと思ったらあっさり決まりました。たぶん景気がそんなに悪くなかったせいだと思います。

2010年のメモが出てきたので、今回と比較してみましょう

2010年就職活動****************************
・期間
2009年6月から8月

・状況
世界的不景気の中で、就職はものすごく厳しい状態。

・応募と面接と合否
合格っていうのはなんらかの形でかかわってくださいと 打診のあった数。私の希望どうりのものだけではない。

合計   51(応募数)10(面接)5(合格)

・感想
厳しかった。年齢がいっているせいかなかなか書類選考で受からなかった。

(セキュリティ上)システムを持ちかえることが難しい世の中になって SOHOにも無理があるんだと思った。

定時がこの業界は遅く6時まで定時だと保育園に間に合わない。 5時までに帰れることが前提となってそれも障壁だったと思う。

面接まで受けて合否を教えてくれない会社もあったりして、今の社会のモラルってどうよ と思った。

*************************


2015年就職活動****************************

・期間
2015年12月1日から12月10日

・状況
比較的安定的な景気。アベノミクスの年

・応募と面接と合否

合計   13(応募数)3(面接)3(合格)
(すべて契約社員、派遣の条件)

・特徴
面接がどこも長くなっている。1社1時間半とかする。
その代り2次面接とかない。1回の面接で決めてくれる。
その場(面接の場)で決めてくれるところさえある。

・感想
2010年に比べると年齢が上がっているにも関わらず
状況は悪くなかった。技術者が足りないのがすごくよくわかる。
また子供が手が離れているので2010年より私自身の働く条件が、
時間に縛られなくなったのがよかったのかも

*******************************************************

2016/2から派遣の仕事になります。初めての派遣。厳しそう。でもここはあえて厳しい道を行きます。最後の本格的な転職だと思います(思いたい)。盛大に愚痴りかもですが、お付き合いくださいwww
スポンサーサイト
  1. 2016/01/05(火) 15:40:05|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

はじめての仕事

みなさんは、どんなお仕事をされてますか?慣れない仕事が急に回ってくるとあわてますよね


前の会社でのことですけどね。おもしろいお仕事を頼まれたのです。


会社に行こうとすると新宿の手前で社長から電話がかかりました。「助けてくれ」といいます。


なんだ?と聞くとすぐ東京駅へ行けというのです。東京駅まで行くと営業のおじさんが待っていて「おや、痩せたぢゃない」という見え見えのお世辞にちょっといい気持ちになってついていくとセキュリティの厳しいビルにはいりエレベータに乗って最上階へ。小うるさい小部屋に連れて行かれて


「ここでテープ起しをして欲しい」という。


はぁ?やったことありません。「知ってるよ、社長がテープ起ししてくれる人を連れてくるんだけど電車が止まっててこれないんだ。電車動くまででいいから手伝って欲しい」とな。


はぁ、、。



で、はじめてやりましたよ、テープ起し。
レコーダーがそれ専用になっていて足で操作するんです。ストップとか再生とかね。足で再生するとちょっと前から再生してくれるというハイテクものなんです(?)社長早く来てくださいと祈りつつ作業をはじめる。


5分で悲鳴をあげそうになりました。会社に電話して泣きを入れる。「私ぢゃむり」もちはもちやだとほんとに思いましたね。まず何を言ってるのか聞こえにくいし、もそもそしゃべる人はほんとに辛い。慣れない用語にも苦戦しました。でも今日中にあげないと明日は明日で起すテープができるんだもの。ほんとに私ぢゃむり。
総務のK女史に「社長も向かってるから頑張って」と言われる。はい。


でね、社長がやっとやってきたのは午後2時。そのころにはやっと足の操作にも慣れてきて聞き取りにくい言葉も聞こえるように
なってきていた。人間の順応力ってすごいね。


大変だったけどちょっと楽しかったですよ。
いつものテープ起しの人が急病でかわりを急遽探したらしい。いつもの人の時給を聞くと悲しい金額でした。大変な仕事なのにね。お金もらうって大変なことなんだよって改めて思いましたね


  1. 2012/03/18(日) 21:58:13|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

判明

前の会社での会話


社長「あのシュミレータの話だけど」


私「ああ、扇風機のですね」


社長「ん?」


私「くるくるまわすんですよね」






社長「・・・・・・戦闘機なんだけど」


えっ!!!




こんな馬鹿会話を繰り返す私と社長ちゃん。
ちなみに社長さんはとてもチャーミングな人でした。別のときもね


社長「そういうときは『うけたまわりました』っていうんだ」


新人くん、メモりながら「どういう意味ですか?」


社長「うーん、なんというかな形容詞みたいなもんだ」私(えっ!!)


新人くん、形容詞とメモりながら「そうですか」



『うけたまわりました』っていつから形容詞に?





今日はこんな気分

世界で一番カバーされているのは「SUNNY」らしいですよ。
たしかにいろんな人が歌ってますね。私はこの人のがすきです。ジャミロクワイ



春にぴったりかも
  1. 2011/03/01(火) 20:14:08|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

私の仕事

私ね、会社辞めます!!

いろいろ理由はあるんだけど、この際ちょっと暇になったことを
喜んでいます。

で、この会社でやってたのがこの仕事(昨日サイトがオープンでした)

作品発表広場

私はプログラミングを担当しました。何か絵を描いてたり、詩でもいいの、音楽でもいいの。工芸品でもなんでもいいんです。創作活動をされている方はぜひ登録してみてください。登録はただだし、売れるかもだし(売るかどうかは自分で選択できます)仕事のオファがくるかもです。

デザイナーさん優秀なSEOの技術者で前のサイトもヤホーさんやGさんでもトップにくるぐらいのSEOをしてました。なのできっとこのサイトもSEO頑張って上位にあげてくれると思います。なので、見られる確率も大きいよ。

単なる冷やかしでもかまわないので、見に行ってみてください。

コマーシャルでしたーーー!!

でもやめちゃうんだけどね(笑)
このサイトのことはかわいいんです。

c_01.gif

blogram投票ボタン
  1. 2010/01/21(木) 08:03:33|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

デスマーチ

「デスマーチ」って知ってますか?
私の業界では有名な言葉みたいですが、私は知りませんでした。
一緒に仕事していた男子が普通に使っているので、
彼の「造語」かと思っていました。一般用語のようです。


「デスマーチ」は「死の行進」って意味ですね。
「もともと破綻する運命にあるプロジェクト」で
死に向かって行進することらしいです。
自分たちが死へ向かっていることがわかっていながら、
前に進むことしか許されていない状況を言うらしいです。

その挙句に病人やうつ病患者、ひいては自殺者や過労死などを生み、
開発者が辞めていきどんどん破滅していくことになります。

でもね、こういう状況がこの業界では珍しくないらしい。
考えてみれば、私の前のバイト先はすべてデスマーチだと思うなぁ。


面白いのはデスマーチには「洗脳」が伴うってこと。
「開発者は何日も徹夜同然で、しばしば会社に泊まり込んで仕事をします。会社は「不夜城」と呼ばれ、開発者は「企業戦士」であるという自覚が育ってきます。文字通り「戦士」なのです。この連帯感はまさに軍隊のそれです。なぜこんな生活を続けられるのかというと、彼らは戦士であり、戦士は通常の市民とは違うからです。ソフトウェア開発は戦士でなくては勤まらないからであり、逆に戦士であることを誇りに思っています。」
だって。

そういう人たくさん知ってる(笑)

ここで適応できない人はふるいにかけられ、適応できる人間だけ残るからデスマーチはとめられないんだって。

もしかしたら私も洗脳されてる人間の一人なのかも。旦那はデスマーチの被害者なのね。

でもこれを知っておくことって大切で、こういう言葉があってこういう状況は他の業界では当たり前ではないんだって
そういう感覚を持つことが必要なんぢゃないかと思ったしだいです。

私の前のバイト先に関してはデスマーチの「マーチ」は行進という意味もあるけど
「3月」って意味もあるなぁと思っています。
だって納品みんな3月だもん。ほんと「死の3月」だった。今年3月布団で寝た日は3日ぐらいかも。それでも終わらない。だって終わらないはずのスケジュールを
最初からやってるんだもん。それがデスマーチなんですよね。身体より心を壊しかけた。


結局私もデスマーチに敗れて前のバイト先辞めたのよね。
一回壊した心を治すのは
ほんとに大変だってよくわかりました。収入は減ったけど、今のほうが100倍いいね。

詳しいデスマーチの情報はこちら

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81


c_01.gif
  1. 2009/12/16(水) 12:37:48|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。