アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕎麦屋の出前

私ね、最近立て続けにこういうことがあったのです。

まず旦那がある大物アーチストのコンサートのチケットをとったのです。
かなり高額だったし、旦那はとっても楽しみにしている海外アーチストだったので
チケットが届くのを首を長ーくして待ってたのです。

まてどまてど来ない。

で。事務局に電話したのです

すると

「あ、明日出そうと思ってましたぁ~」だって。


もう1件は私が椅子を楽天で購入したのです。かなり安かったので2脚ほど購入したのですよ。これが待てど暮らせど来ない。

椅子は私が壊したので捨ててしまって家には椅子が1脚もなかったのです。
息子は脚立で勉強をし、私は膝で立ってパソコンをするという苦行のような毎日が続いたのです。

とうとうしびれをきらした私は購入先にメールを入れたのです。

「どうなってるんですか?遅れるというお知らせさえもらってないんですが。どれだけ待つんでしょう。どうなってるか説明してほしい」とね。


すると

「あ、もうすぐ出そうと思ってましたぁ~」だって。


なんだろう?この蕎麦屋の出前みたいな対応は。サザエさんでも電話すると「今出ました」って蕎麦屋はいいますよね
(当然まだ作ってない)日本中がそういう体質になったの?言わなきゃやらない、せかさないと後回しなの?
あ、でも蕎麦屋もそうなんだから、これが日本古来の商売のやり方なの?(笑)


とにかくイライラするわー
スポンサーサイト
  1. 2014/11/19(水) 19:22:44|
  2. 思い出し怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

携帯

私がそういうお年頃なのか、そういう時代なのかなんだかイライラするのですw


私は「日本最後のガラケー保持者になってやる」と息巻いていたのですが、あまりに電池が切れるのと、カメラ機能がとうとう駄目になったので、とうとうスマホに変えることにしたのです。



私の対応をしてくれたのは「研修中」の名札をつけたお姉ちゃんでした。
このお姉ちゃんね、私がこうしてほしいと言うことの意をくんでくれず、どんどん自分の都合のいい感じに手続きを進めて行こうとするのです。


例えばさ、本体代は2年分割すると毎月キャリアのほうが出してくれて、結局本体代タダになるというキャンペーン中だったのですよ。この姉ちゃんは「本日は一括のみで処理させていただきますので、本日75000円頂きます」とかいうわけ。


あのさ、2年間分割するにきまってるヂャん。ここで75000円はらうやつがいるかね。
「いえ、結局同じことですから」って。そうかもだけど、75000円払うのと払わないで分割で結局ただっていうのと違うでしょ。わかんないの?なんで分割できないの?


なんか携帯が旦那名義だったかららしいのですが、主人の免許証も持って来てるし、主人は家にいるから認証でも承諾でも取って頂戴。ほら!!ほら!!ほらぁ!


結局よくわかんない姉ちゃんはいろんな人に聞いて、うちの旦那に電話して分割になったのですけどね。75000円、今払えとかないわ。なんのために2年分割あるんだよ。


これ以降もね、ちゃんと説明してよと言わなきゃ説明しないし、いらんことはだらだらしゃべるし。高いシールドを買わされそうになるし。液晶に貼る保護シールドが6500円よ!!びっくり。そんなんヨ○バシさんでもっと安く売ってるんヂャないの?(買わなかったけどw)


姉ちゃん「本日なら特別に私が貼ります・・・ほんとはいけないんですけどね」と小声で付け加える。


わし「あなたが貼るなら私が自分で貼っても同じだわ。」と言い放ちましたよ。
ヨドバシさんには液晶保護フィルム貼付けサービスがあって300円でプロが綺麗に貼ってくれるんだもん。押しつけがましいわ


そんなこんなで手続きに1時間。疲れるんだけど!。


でもね、こういうまかせておけない窓口の姉ちゃんだったからこそ、ちゃんと見なきゃとか、ちゃんと読まなくちゃ理解しなきゃって緊張感が生まれましたよ。これが相手が流暢で信用できそうって思ったら任せてしまいそうですもんね。


いちいち質問してこっちが不利益になってないか確認しながら手続きできたので、この姉ちゃんもそれなりに私の役には立ったのよ。ふん。



その後、夕飯に頼んだピザ屋の姉ちゃんともモメた私。そしてレンタルビデオ屋の兄ちゃんにも文句言う私。

息子が横で「かあさん、クレーマに見える」と言いましたよ。

きっと今日は私の機嫌が悪いのね。今日私と接触したすべての人にごめんなさいだわ


  1. 2014/01/28(火) 17:10:36|
  2. 思い出し怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

眼医者

ちょっと今日はプンプンモードなのです。

まぁ、聞いてくださいw

数日前から小町の目が腫れているのです。またものもらいだなっと思って近所のいつもガラガラの眼科(すでに悪意がある>自分)に行ったのです。だってものもらいだもん。抗菌目薬もらえばいいんぢゃん。薬やで買うとお金とられるけど児童医療でただだから眼科のほうがいいもんね(すでにちょっと罰あたり)


そしたら、その眼医者ね、いかにも時代遅れっぽい居丈高な感じのおっさんなの。

最近お医者さんっていろいろ説明してくれる優しいお医者さんが多いでしょ。

でも昔っぽい威張り腐った感じのおっさん。

まず視力検査をしたんだけど、目の悪い娘はなかなか見えないし、レンズ替えても替えてもよく見えない。

こっちのレンズのほうが見える?それとも前のほうがいい?って言われても
「わかんないです」って。

おっさん「前がいいか、こっちがいいかどっちかって聞いてるの!」と強い口調。

思わず「わかんないよねー。大人でも分かんなくなるもん。ふふっ。怒られてもねえぇ」と助け舟を出してくすくす笑ってやった。

こういう医者昔はよくいましたよね。子供に「もう何年生だったら自分でちゃんとどこが悪いのか言えるでしょ」とかいう医者。そういう医者大嫌いなんだよ。

「もうちょっと見えてもいいんですけどねぇ」と言われたので、
「そーですかー」とわざと間延びした返事をしてやった。

結局抗生剤を出され、目薬をだされた。処方箋じゃないんだよ。その医者で薬くれるの。
どんだけ時代遅れなんだ?

また薬が終わるころ来いと言われたが二度と行かない。

だからおっさんの医者って嫌いだよ。先生って呼んでやんないもんね。ばぁーか。



あー、すっきりした!


もぐもぐ

20121108162741.jpg

  1. 2012/11/09(金) 17:18:29|
  2. 思い出し怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

思い出し怒り

思い出し怒りカテゴリーを追加しましたw

ここでは私がふとした瞬間に思い出してはチクチクいまだに根深く怒っていることを書いてみたいと思います。もういいぢゃん。忘れなさいよって思うことばかりです。

どうぞ私の怒りにお付き合いください。


今日の思い出し怒りは若かりし頃にあった電車での出来事です。

ある日まだうら若き20代の私はいつものように満員電車に乗っていました。

すると隣の男性の手が私にあたりました。で、彼は「すいません」と謝ってくれました。

その後何度か隣の男性は私にあたってきたのですが、謝ってくれたっていう頭があり偶然だ、電車は混んでるんだから仕方ないんだと我慢していました。

その後電車から降りて満員のホームを歩いていると、「あの、ちょっと」と声をかける人がいます。

その人は例の隣に立っていた兄ちゃんでした。

ん?落し物かしら?とにこやかに振り返ると兄ちゃんは耳元で

「もっと触らせてください」

と言ってきました。「何言ってるんですか?駅員さん!!」と大きなな声をあげかけたところで逃げられてしまいました。

ちっくしょー

あとあとで腕をすぐつかんでおけばよかった。とか。
謝ってくれても信用してはいけない、もう誰も信じない。甘かった。。とか、
痴漢って先に叫ぶべきだった。。。とか
にこやかに振り返った自分が世界一の阿呆に見える。。とか


思い出し怒りでカッカしていました。今でもちょっとカッカするね。

なんというか、その場で何もできなかった怒りでカッカしちゃいますね。これぞ思い出し怒りですね。


  1. 2012/10/23(火) 17:08:53|
  2. 思い出し怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。