アラクノフォビア

蜘蛛恐怖症の旦那のくも膜下出血闘病観察日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脳の仕組みー記憶

わざと真面目な題をつけてみましたが(笑)当然真面目ぢゃないのでご安心ください。

人間の脳って不思議ですよね。大量の記憶装置を持っていて、しかも身体の全機能のコントロールができていて基本の機能だけではなく、個別の機能も多彩に揃ってて、それはそれはよくできた器官だと思うのです。

ここが完璧だからこそ人間は人間になりえたんですね。きっと。。。


人間の記憶ってちょっくら調べてみるとね、


情報が入ってくると海馬っていうなんとも人間の器官に似つかわしくない神話にでもでてきそうな名前の組織に伝えられます。


でね、そこで永久記憶に入れるかテンポラリーで置いておくかの振り分けがされるそうですよ。


海馬ちゃんが「これはテンポラリー」と言ったものは、すぐ忘れられ、永久記憶にパスしたものは別の保存器官でしっかり守られるそうです。


今の私の記憶は海馬ちゃんがみんなテンポラリーに入れているに違いないね。


でね、いらなーいものをちゃっかり間違って永久記憶に入れてたりしてませんか?
私はよくありますよ。なんでこんなもんをおぼえてないといかんのじゃ!!っていうことを覚えてて、これ覚えとかんといかんがねっていうものをすっかり忘れてる。


海馬ちゃんのせいね。



で、ね、今一番うちの家族のお気に入りのCM




鳩を出せ!!鳩!!(笑)

豆猿と小町はこのCMの会話を全て覚えていて、CMが流れるたびに二人で言っているんですよ。「肉食系女子?」「お嬢様学校ぢゃねーのかよ」「素敵なネイルですね」「ごめんなさいごめんなさい」「ボク、手品します!!」w

ああ、私も覚えているヂャないか。なんでこんなものを覚えちゃうのかしら。

うちの一家、海馬がバグってるのかしら。。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/10(水) 17:43:19|
  2. 記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

恥ずかしいお弁当

ヤホーの質問コーナーでね、「恥ずかしいお弁当」持って行ったことありますか?って質問があったのです。

そこの回答で
「私の友人にご飯とパックの納豆だけ持ってくる子がいましたけど『おれ納豆大好きなんだ』って隠さず食べていました。後から知ったのですがお母さんが身体が弱かったらしいのです」というのを読んで泣きそうになったわしですw



私のお弁当のお話は母との記憶の齟齬なのですが

私は小さいころから保育園に行ってたんですけど、保育園はお弁当持参だったんですよ。

で、私は一番大好きなお弁当が豆腐弁当だったんです。
アルミのカンカンの弁当箱の半分ご飯、半分豆腐なんですよ。

でね、先生に毎回お醤油借りてかけて食べてたんです。
絹ごしというか、その当時あったチューブみたいなのにはいった豆腐(半分)なんです。

それがね、母はそんなもの絶対に弁当に入れていってないというんだな。
「自分の名誉にかけてそんな真っ白な弁当は作ってない」と言い張るのですよ。
この私がそんなことするわけないぢゃん」とね。



でもしてたもん。



考えて見れば3歳児の弁当に豆腐とご飯っていうのもちょっと不自然は不自然だ。
水漏れするだろうしね。

うーん、こういい張られたら自信なくなるんだけど、たしかに覚えてて大好きだったんですよねー。

いや、私の記憶が改竄されてるのかなー。後付けの記憶なのかなー


  1. 2011/10/31(月) 19:10:42|
  2. 記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

記憶の改竄

私は実家の故郷に帰る度に大学時代の友人のA子ちゃんにあうことにしています。


A子ちゃんはうちの実家から徒歩5分ぐらいのところに住んでいるのです。


A子ちゃんとは大学時代、下宿の隣どうしでした。トイレも風呂も台所も洗たく機も共同で、まさに運命共同体のようにすごしたのです。


いろんな話をしたんだけど彼女と記憶が違うことがほんとに多い。


私が覚えているのはA子ちゃんと野良猫をなでながら話をしたことで「野良ちゃん」と呼びかけるとその猫は振り返ってくれる。


名前がわかるんだねというと


A子「猫なんてなんて呼んでも振り返るのよ、だって畜生だもん」と言った。



いや、たしかに言ったんだ

そのとき(え!こいつ猫を畜生って言ったぞ)とかなりの衝撃をうけたんだもん。
そのときの声も顔も状況も詳細に思い出せる。



でもね、A子ちゃんはそんなことは言った覚えがないという。
しかも小さいころから実家で猫を何代にもわたって飼っている彼女には畜生という言葉が動物に対して使うという
要素が自分の中にないというんだな。でも言ったんだもん



彼女の話は私が自分の成績表について「なんかねー虫になっちゃったって感じ」と言ってたと。
「虫って?」ときくと

「『変身』だよ。可と不可だけなのよ。カフカなのね。えっへへー」と言ったらしい。


言ってないって言ってないってそんなこと!!!
そんな回りくどくて小難しいオヤヂギャク。「変身」なんてカフカかカミュか微妙だよ。
カフカなんて読まないしさ。ぜったーい違うもんそりゃ可と不可だけだったのは確かだけどさ。


それから私は「カフカはプラハ出身で・・・」とカフカの解説をしたそうな。
今回A子ちゃんはプラハに旅行に行き、改めてそれを思い出したそうな。違う違うぜったいちがーう。カフカがプラハ出身なんて知らないもん。カフカって誰よ。プラハってどこよ。知らないもーん。
わたしはそんな嫌なやつぢゃないもん


記憶って怖い。自分の記憶、どこまでほんとなの?


変身 (新潮文庫)変身 (新潮文庫)
(1952/07/30)
カフカ

商品詳細を見る
  1. 2011/01/22(土) 15:59:19|
  2. 記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

記憶の喪失

新しいカテゴリー記憶を作ってみました。



私は「記憶の改竄」「記憶の齟齬」がとても多いのです。そんなのをちびちび書いていきますね。


まず「記憶の喪失」ですね。


私は小学校1年生の時に交通事故にあっているのですが、事故にあった直後のことを全然覚えていないのです。それはきっと神様が記憶を消してくれたんだと思っています。つらい記憶は持っておくとつらいだけですもんね。



そんな「記憶の喪失」ですが。。。


もうひとつ全然思いだせないことが。。。


ある日小学校5年生ぐらいの私は借りていた学級文庫にいたずら書きをしてしまいました。
たわむれにぐーるぐるとね(こらー)


で、しばらくバレなかったのですが、ある日それが発覚し、犯人は誰だ?みたいになったのです。


ホームルームが開かれその本を借りた人たちが立たされました。


で、借りた順番にいたずら書きがあったかどうか聞かれました。


私の前の人までは「ありませんでした」と答え、私も「ありませんでした」と答え(嘘)


なんと私の後ろの人からは「ありました」と答えたのですよ。


そこからぷっつりと私の記憶は途切れます。。。


何があったんだろう。きっと神様が消してくれたんでしょうね(笑)


七田式「脳」が元気になる大人の記憶力ドリル―もう、人の名前・言葉に詰まらない! (プレイブックス)七田式「脳」が元気になる大人の記憶力ドリル―もう、人の名前・言葉に詰まらない! (プレイブックス)
(2006/06)
七田 厚

商品詳細を見る
  1. 2011/01/18(火) 20:04:03|
  2. 記憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。